カテゴリ:travel( 296 )


最後の一泊は天草に行ってきた。
今回はラクティスを借りた。
佐賀空港到着だと1泊だけ1000円になるが、今回は到着した日に借りるわけじゃないからだめかと思ってたが1泊分1000円にしてくれてラッキー。

最近出た車で面白そうなのはマツスピアクセラ位だが、かしてもらえるわけもない。車種指定ができるのもトヨタくらいしかないので、仕方なしに最近人気のラクティスにしてみた。

e0064400_2392660.jpg

まあ、とにかくすべてのつくりがちゃちい。プラスチックもペコペコだし、鉄板もぺらぺらと言う感じ。
変なところにあちこち収納があるが使えなさそう。それならコンビニフックくらいあってもよさそうなものだが見当たらなかった。
これまで乗ったトヨタ車にだいたい共通しているが、アクセルはぺこぺこふみ応えがないが、ブレーキは時々やたら硬くて一瞬あせる。高速域では曲がらない。
加速は1300だから仕方ないが、エンジンががーがーうなって、すぐにレッドゾーンに入るが、まったく加速しない。べた踏みにしていてもリミッターがあるかのごとく150km/hに張り付いてそれ以上のスピードは出なかった。
後ろのハッチバックはでかすぎて開けるのにスペースがいるし、力が要る。

よかったところをあげると、ちっこくて小回りが聞く割に、中はかなり広い。後ろの座席をひとつ倒しておくと中で歩き回ったり着替えができた。
それと、オートマのいやなところはエンジンブレーキが使いにくいところだが、これにはギアがD,S,Bとあって、Dだと2000rpm以下、Sで3000rpm、Bで4000rpmあたりになるうえ、ギアが直線ではなくてぎざぎざしているので、マニュアルのようにチョコチョコギアチェンジしてエンブレを効かせる事ができたのはオートマの欠点を半分隠してくれる感じ。
燃費は15km/Lほど。

天草の島の部分に入って、ようやく海が青くなってきた。
e0064400_2395910.jpg

半島のあたりは有明海並みにどろどろの色をしていて、まさか・・・と心配していたが、奥に行くに従ってどんどんきれいになっていった。


3時頃望洋閣に到着して、早速近所の白鶴浜海水浴場へ。
e0064400_2404823.jpg

水の透明度が高いし、遠浅の砂浜でかなりいい。
コウイチはとにかく怖がってとおちゃんにずっとしがみついていた。
ゴーグルを忘れたのが痛い。裸眼でもぐってみたが、やっぱりよく見えない。
波打ち際も最初のうちは怖がっていたが、
しばらくしたらだいぶ慣れて、波を頭までかぶってもきゃっきゃと、おおはしゃぎしていた。
e0064400_2414352.jpg

e0064400_242990.jpg


夜はじいちゃんお勧めのイセエビの刺身は出なかったが、えびづくし。
e0064400_242599.jpg

部屋は相当広いし、夕日が目の前にばっちり見えて、なかなかよいホテルだった。
e0064400_243375.jpg
e0064400_2434921.jpg
e0064400_2435896.jpg

天草には大きなホテルがなく、このあたりもやたら道が狭く小さな旅館がチョコチョコある感じ。望洋閣もそれほど大きくないが、このあたりでは最大でよく目立つ。

ホテルが快適だったせいか、夜早く寝たのにみんな寝坊して朝のバイキングは誰もいなくなっていた。朝のバイキングの内容はかなりしょぼい。
4時に熊本から発たねばならぬが、天草の更なる奥地に車を進めてみた。

で、行き着いたのが茂串海水浴場。
誰もいなさそうな感じだったのに、いきなり有料駐車場が現れて、かなりたくさんの車が止まっていた。ちょっと覗いてみると見事に美しい海があったので、海水浴の準備はしていなかったが、降りてみた。

おっと、その前に大江天主堂にも寄った。
e0064400_244294.jpg


このあたりのお墓は面白い。
日本的なお墓に十字架が乗っていて、キンキラ豪華。
「母の教えをおろそかにするな」と母の胸像。
e0064400_2444774.jpg


茂串海水浴場は黒い岩に白い砂浜で本当にきれい。
e0064400_2453115.jpg

e0064400_246886.jpg

外国とか、小笠原とかに行かなくてもこんなにきれいなところがあるんだ。
感動した。
しかし、水着の用意もなく、飛行機の時間も迫っていたのがほんとに残念。
2日くらいはここでのんびりシュノーケルしたかったよ。

水着の準備をしていなかったが、コウイチが海を見たら「きがえたーい」とかいって服を脱ぎだしたから、仕方なし二コウイチは裸。とうちゃんはズボンをめくって入ってみたが、コウイチが「あっち」と深いほうをリクエストするから唯一の長ズボンもびしょびしょ。パンツいっちょになった。
e0064400_2464443.jpg

自分で海に入りたがったくせに、おそろうとすると「こわーい」と大泣き。
しかしひとしきり泣いたあとは、楽しそうに水と戯れていた。波もほとんどなかったしね。
e0064400_247580.jpg

e0064400_2472842.jpg

12時半頃、後ろ髪を惹かれる思いで熊本空港に向けて出発。
ナビの到着予想は5時・・・
飛行機は4時なのに・・・
とろい車に鞭打って空港を目指して何とか3時半に到着。一番に飛行機に乗り込んだ。

e0064400_2481699.jpg
e0064400_2482783.jpg

コウイチのはやり歌。帰りの車の中でずっと歌っていた。
「あたまちらちら
へびーどろどろ
ほんとーにすーきーな、とーてもすきな、
もいっかい!」

帰りのモノレールにて。楽しかったね。
e0064400_2484352.jpg

帰りは平日のラッシュアワーだったが何とか無事に帰ってこれた。
[PR]
by hirommk | 2006-08-06 02:48 | travel | Comments(0)


妻の実家の法事でまた九州へ。
今回は初めて空港まで電車で行ってみた。何せ羽田の駐車場は3泊で安いところでも8000円以上するし、そろそろコウイチも電車でおとなしくしていられるのではないかとの期待があった。
電車は2回乗り継ぎの2時間くらい、飛行機も2時間くらい、去年あたりだったらすぐに暴れだして大変なことになっていたところだが、今回は実におとなしくしてくれた。電車で立っているときもスーツケースにつかまってじっとしていたし。
電車でも飛行機でもずーとしゃべくりまくっていたのがややうるさかったが、まあ、自分の席でじっとして泣かなければ許容範囲だ。これならだいぶ行動が広がりそうな気がする。

唯一困ったのが、エスカレーターに自分で乗っておりたがること。危ないから降りる瞬間にだっこしようとすると、じぶんでー!と言ってまた乗ろうとしたりするし。大体一人で乗り降りはできるけど、やっぱり失敗したときのことを考えると怖い。でも手をつなごうとしても振り払われる。

半年前に飛行機に乗ったときは、窓から外を見せても興味を示さず、自分が飛んでいることを理解していないような感じだったが、今回はかなりあきずに外を眺めてしっかり飛んでいることを理解していた。もらった飛行機をブーン、ブーンと楽しそうにしてたし。帰りも飛行機のおもちゃをもらおうとしたけど、飛行機は切らしていて「飛行機は?」とおもちゃかごの中を探してスチュワーデスさんを困らせていた。

富士山
e0064400_2182678.jpg


前日まで東京では梅雨が続いていたが、佐賀に着いたら見事にからっと晴れた夏があった。
e0064400_2204531.jpg

せみもまだ全開ではなかったみたいだけど、たくさんいた。
e0064400_2185492.jpg


お墓に水をやるコウイチ。
上手だったが、「もっとお水、ジャージャー、したーい」とだだをこねていた。
e0064400_2191640.jpg

本物のバットで。
e0064400_2193267.jpg

法事で親戚がたくさん来て、「じーじ、たくさんいるねえ」と感想を述べていた。
お兄ちゃんとおねえちゃんともよく遊んでいた。
e0064400_2195970.jpg


いじめっこしちゃだめよ。
e0064400_2201686.jpg


お経の間も、うまく合掌しておとなしくしてたが、最後のほうに扇風機にいたずらを始めたのをとうちゃんに怒られて泣き出して退場。

じいちゃんとお掃除。
e0064400_2213667.jpg


またおねえちゃんに面白いお土産もらったよ。(たこの口から水が出る)
e0064400_222973.jpg

[PR]
by hirommk | 2006-08-06 02:22 | travel | Comments(0)

砂沼サンビーチ

数日前に折り込み広告が入っていたのを見つけて、まさに絶好のプール日和になったので「茨城県唯一のジャンボプール」という砂沼サンビーチに行ってきた。今年の初プール。
場所はなんとなく会社に行くくらいの距離を予想していたが、予想外に遠く45キロ、車で1時間10-20分くらいかかった。

この天気だからさぞかし大混雑だろうと予想していたが、案外すいていて、一応テントを持っていったが、ビーチパラソルつきのいすをゲットできた。かなり古い感じはしたが、ガラガラと言うほどでもなく、適度な混み具合でなかなか快適であった。
駐車場が470円の入場料が一人1100円、中の自販機は普通の値段だし、結構リーズナブルにすごせる。

サマーランドのような派手なアトラクションはないが、プールは10種類あって、小学生くらいまでなら十分楽しめそうだ。監視員はやる気のなさそうな茶色いお姉さんたちがたくさんいたが、まず笛も吹かず、監視はゆるい。放送では長々といろいろな注意事項が流れているいて、特になぜかスイカの持ち込みはお断りします、と言うのをやたら強調していた。よほどの問題があったのか?
市民プールだとちょっとしたことでやたらとぴっぴとうるさく笛を吹かれるのがうざかったから、そういう意味でもなかなかよい。

そんなで、コウイチを遊ばせるにはかなりいい感じのところだったが、やっぱりちょっと遠いのが難だな。車で30分程度なら何度も行きそうだけど。

さあ、プールだよ。
e0064400_2322419.jpg


コウイチは朝「プールいこうか?」と言ったら、最初のうち「こわい」とかもいっていたが、そのうち「プール行きたーい」と玄関で一人で靴をはいて「みんな、ブーブでプール行くよ~」と「早く、早く」とせかしていた。
e0064400_2325692.jpg
e0064400_233861.jpg

一応全部のプールに入ってみたが、結局コウイチは幼児用の深さ20センチくらいの小さいプールが一番楽しそうだったかな。
e0064400_234314.jpg

波のプールはかなりでかい波が出て結構楽しかったが、コウイチはとうちゃんの背中にしがみついて固まっていた。あとでまた行こうとしたら「こわい」と絶対に近づかなかった。
とうちゃんは中学生以上の巨大滑り台をやってみたが、水を飲んで気持ち悪くなった。一昔なら何度でもやりたかっただろうが、1回で懲りた。歳かな。普通こういうのはすごい行列になっているが、ここでは中学生以上があまりいないのか、まったく列もなくすぐにできる。

手がしわしわになったよ、と見せている。
e0064400_2342699.jpg


あちこちに背中が真っ赤になったお父さんたちがいて哀れに思っていたが、自分も家に帰ってお風呂から出たら真っ赤かでひりひり痛い。
ついでにいくら水分をとってものどが渇いて、おなかがたぷたぷで気持ち悪いが、なおのどが渇く。あせもも痒いし、なかなかつらい季節だ。
e0064400_2344595.jpg

[PR]
by hirommk | 2006-07-16 02:34 | travel | Comments(0)

軽井沢2

土曜日は、かさをさすか迷う程度の小雨。
午前中に内村鑑三の石の教会を見学した。
石と木の組み合わせがなかなか雰囲気がいい。
中はずいぶん狭くて、結婚式が絶え間なく入っていたけど、親族も入りきらないかも。
資料館は愛国禁酒とか、ずいぶん俗なエピソードが多かった。

e0064400_58541.jpg
e0064400_591454.jpg

なかなか時間のやりくりが難しかったが、夕方の弟の結婚式ぎりぎりまでコウイチを昼寝させることができた。

結婚式をしたホテルはなかなか雰囲気がよかった。

e0064400_5111890.jpg
新郎のスピーチも立派だったぞ。
それだけにホテル側の段取りの悪さは残念。

ファーストバイト。でかっ。
e0064400_5123297.jpg


乾杯まだかな。
e0064400_5132545.jpg


コウイチはとうちゃんがちょっと離れるとうぎゃ~と大騒ぎで、たえずべったり。
結局結婚式のときに新婦について入場する役は果たせなかった。
それ以外はなかなかおとなしくいい子にしてた。特に披露宴中はずっと自分の席に座っていてくれて、ゆっくり食事をすることができたのは助かった。
e0064400_5135793.jpg
e0064400_5144190.jpg
e0064400_515041.jpg


披露宴は食事がその場で選択できたり、料理の様子をライブ中継したり、会場で実演したりと言うのは始めてみる演出で面白かったが、期待させた割に味のほうは・・・
e0064400_5152639.jpg


一応花束贈呈はできたけど、ぱっと行ってすぐ戻ってきてしまった。
e0064400_516047.jpg


最終日はアキコちゃんやイユ君も別荘にやってきた。
アキコちゃんとコウイチは、なかなかまだ微妙。
2人だけでは遊べず、とうちゃんがどっと疲れる羽目に・・・

イユ君はひそかに観察していて、みんながいなくなってから一人でサッカーボールややバットをいじくっていた。
e0064400_5163139.jpg


あわれ、今回の旅行でもいろいろ負傷したコウイチ。
e0064400_51707.jpg


うちに着くまでいい子だったが、とうちゃんたちが車から部屋に荷物を運んでいるうちに急に悲しくなったのか、突然地面に突っ伏しておお泣きしてしまった。
まあ疲れたよね。また今度ゆっくり行こう。
[PR]
by hirommk | 2006-05-29 05:17 | travel | Comments(0)

軽井沢-1

ふと思い立って木曜の夜に軽井沢に出発。
12時発、見事のノンストップで、200キロの道のりを2時間で軽井沢IC着。
そのあとの山道が真っ暗でちと苦労したが、まあ無事別荘に到着。
広々としてて実に快適だったが、2晩は灯油の入れ方がわからず凍えた。
e0064400_523956.jpg
e0064400_524820.jpg


コウイチは「あしでぽんぽん(サッカー)」が大いに気に入って3日間、ひたすらボールを追いかけて機敏な動きを見せていた。うちに帰ったらそんなスペースがないのが残念だ。

緑に赤は実に映える。
ずっと洗車していなくてどろどろだったけど。
e0064400_534152.jpg
e0064400_535426.jpg


この駐車場がなかなか曲者で、タイヤがはまって動けなくなったり、バンパーがこすって2度ほど外れかけたりと、ローダウンした車にはつらいものがあった。
で、早速ホームセンターで段差を埋めるパーツを買ってきた。

金曜は心配していた雨もなく、昼は塩沢湖、夜はトンボの湯でくつろいだ。

塩沢湖は、そういえば昔来たことがあった。楽焼に描いた風景で思い出したよ。
平日なだけあって、独り占め状態。
大好きなふね。
e0064400_542989.jpg
e0064400_545774.jpg
e0064400_55161.jpg
e0064400_56186.jpg
e0064400_563565.jpg


トンボの湯は実にいい湯だった。
この日はコウイチが実に珍しく妻と入ってくれたからのんびりできたし。
息を吸うとぷく~と体が浮いてきて、吐くとす~と沈んでいくのがまた気持ちいい。
普通のお湯でもこんなことできたかなあ?
何しろ一人でゆっくり使ったのは久しぶりで新鮮だった。
お湯もちょっとくせがあるけどなかなかおいしいかった。
1200円はちと高いけど、その価値はある。
と言うことで最終日も昼に行ってきたけど、夜のほうが雰囲気があっていい。
[PR]
by hirommk | 2006-05-29 05:06 | travel | Comments(0)

霞ヶ浦 国民宿舎水郷

朝コウイチを病院に連れて行ったあと、茨城のマツダでアテンザの12ヶ月点検。
マツダは最近の好調さを反映してか、飲み物メニューが増えて、お菓子がおいてあった。
新しいMPVも案外いい感じだ。浮き上がったメーターが面白い。
でもこういう大きい車は、運転するより後ろにのんびり乗りたい。
2列目シートの乗り心地は抜群だった。
カップホルダーとかのプラスチックはなんともちゃっちいつくりだったのは残念。

コウイチは車に乗り込んだり、キッズコーナーでよく遊んでいた。
この滑り台は階段がなくて最初戸惑っていたが、ちょっと教えてあげたら自分で登れるようになった。

e0064400_2111557.jpg


そのあと霞ヶ浦に行って国民宿舎で食事。
結構いい立地だと思うが、なんともぼろっちくて泊まりたくはならない。
食事も高かったが、おいしくない。
なんとなく滅びを漫然と受け入れているような、のったりした雰囲気があった。

e0064400_2115838.jpg

しかし牛久からは新しい道ができていて、6号を通らずにいけるのですごく近く感じた。
公園はいい感じだから、おべんともって遊びに行くと楽しめそう。


すごく眠そうなコウイチ。
このあと車に乗ってすぐ寝て、そのまま家に帰っても寝て、起きたら熱も下がっていた。
e0064400_2122297.jpg

[PR]
by hirommk | 2006-05-07 02:12 | travel | Comments(0)

21世紀の森と広場

先週末は天気がよかったので松戸の公園へ。
コウイチはこの日は実によく歩いた。
ベビーカーを自分で押したがるが、立てたままだと前も見えないし、歩きにくくてちっとも前に進まないが、こうやるとちゃんと前に進める。
荷物を載せられないからとうちゃんはちょっと大変だけど。


e0064400_50895.jpg
e0064400_502221.jpg


この公園は特に何もないけど、ちょうど新緑の季節できれいだった。
小さな子供づれでいっぱい。
水辺に着いたらコウイチは早速自分でシートを敷いてジュースを飲んだ。

e0064400_511737.jpg


お花畑でも、とうちゃんをベンチに座らせて、自分はひたすらぐるぐる歩き回っていた。
何度もべちーんと転んで、あとで見たら結構すりむいていたが、飽きずにひたすら歩き回る。
e0064400_514624.jpg


初めての綿菓子作り。
e0064400_52525.jpg
e0064400_522732.jpg


最初は、なんだこれ~と言った顔をして食べたがらなかったが、とうちゃんが食べて見せたら食べるようになった。
しかし昔はおいしいと思ったが、大しておいしくないな。
e0064400_525729.jpg


うちに帰ってからも家の中を走り回って、疲れを知らないコウイチだった。

e0064400_531680.jpg

[PR]
by hirommk | 2006-04-26 05:03 | travel | Comments(0)

印旛沼

先週の土曜は特に目的はなかったが、なんとなく印旛沼に行ってみた。
特に目的地もなかったが、いつの間にか渋滞に巻き込まれていて、どうやらちょうどチューリップ祭りをやっているということで、渋滞についていってみた。

どうやら駐車場が足りず、道と駐車場を造成しながら延々と続く車の列を受け入れている。
おい、おい、うちのはオフロードカーじゃないぞ・・・
e0064400_185238.jpg

チューリップの量は半端じゃない。
好きなのをほじくって持ち帰れる。6本500円。
しかしうちには庭がないから見るだけにしておく。

e0064400_19202.jpg

チューリップって、ここまで大量に咲いているとオ~ランダ、て感じだが、ちょこっと咲いているとようちえ~ん、と言う感じだ。
e0064400_19415.jpg
e0064400_195161.jpg

屋形船にも乗って、まあまあ楽しめた。
印旛沼がいまや日本一汚い沼なんだそうだ。
うん、手賀沼のほうがきれいだぞ。
面積が千葉県の1/10とかいっていたが、それはちょっと信じられん。

夜にはまた野田の温泉に行った。
最近コウイチは家ではたまに妻とお風呂に入ってくれるようになったが、温泉ではやっぱりだめだった。たまには一人でゆっくりしたかったのだが。
コウイチはだいぶ慣れて、お風呂の中を一人ですたすた。
ウォーキング風呂と打たせ湯が気に入って、10回以上ぐるぐる歩き回った。
[PR]
by hirommk | 2006-04-19 01:09 | travel | Comments(0)

ツインリンクもてぎ



念願のもてぎに行って来た。
うちからは100キロちょいだが、案の定いなか方面へは道がすいていて1時間半で到着。

まずはカート。
ドリームカート、チャレンジカート、レーシングカートとあって、だんだん最高速度がアップする。普通免許を持っていればいきなりレーシングカートから始められるが、見ているとレーシングカートはかなりの猛スピードで派手にタイヤを鳴らして走っている。レーシングカートのコースだけは結構いつも混んでるし。
と言うことで、まずは子供たちに混じってチャレンジカートをやってみた。
これは最高速度が35キロに抑えられている以外はレーシングカートと変わらない。外から見てると結構とろそうだが、実際走らせて見ると案外速く感じるし、難しい。
免許を持っていない人はここで規定タイムを超えるとBライセンスがもらえてレーシングカートに進める。規定タイムは21.500で、自分のベストラップは21.849、妻は21.930でなんと2人とも届かず・・・がーん。

まあ免許を持っているから、レーシングカートもやってみる。
レーシングカートも規定タイムをクリアすると、だんだん高性能マシンに乗れるようになって、一番下のが60キロ、上は90キロまで出せるようになるみたい。
見ていると結構派手にスピンをしていたりで怖そうに見えるが、乗ってみると怖くないし、面白い。チャレンジカーとよりむしろ扱いやすい感じ。
Bプラスにあがるための規定タイムは確か52.500、自分のベストラップは53.563、妻は54.966でまたも2人とも届かず・・・初めてでクリアできるほど甘くはないか。
かなりがんばってうまく走ったつもりだったが、まあ届かなかった理由はわかっている。
ブレーキを一度も使わなかったから。
ブレーキを使わずに走るにはだいぶ前でアクセルを戻すことになるから、そこがロスになる。

e0064400_611013.jpg
ブレーキを一度も使わなかった、と言うか使えなかった理由は、普段公道で走るときにはブレーキはできる限り使わず、流れの予測とエンブレで減速するのを理想としていると言うのはまあ言い訳で、左足ブレーキをやったことがないのが大きい。たぶん右足にアクセルとブレーキがあればもうちょっと思い切って走れた。
オートマ車に乗っていたときに右足が疲れて左足ブレーキを試したことがあるが、自分でもびっくりするほど調節がうまくできなくて、急ブレーキになってしまったりする。慣れてしまえばなんでもないことでも、慣れるまでは頭でわかっていてもうまくできない。
で、ブレーキは使わずに走ったのだが、それでクリアできるほどは甘くないんだな。
今度行った時はブレーキの練習からやろう。

激走する妻。
e0064400_611417.jpg


眺めるコウイチ。
e0064400_6121395.jpg


コウイチもカートにのりたーい!のりたーい!と大変な騒ぎだった。
2歳以下で乗れるのは実はこれひとつだけ。
3歳になればかなりたくさんあるんだけど。ミニバイクとかはかなり人気だった。
でもこれは結構凝っていて、交通ルールを守ってうまく走らせると点数が出て免許がもらえる。
e0064400_6124910.jpg


今回免許をゲットできたのはコウイチだけ。
次はとうちゃんもAライセンスゲットするぞ。
e0064400_6131354.jpg


コウイチはポーズのリクエストにも応えてくれるようになった。
e0064400_6133410.jpg


アシモにも会った。
e0064400_6135565.jpg


飛行機にも乗った。
e0064400_614199.jpg


それからなんだかよくわからないけど、走行会だか、タイムトライアルだかをはずれにあるサーキットでやっていて、ど派手な車たちを眺め、すぐ目の前を猛スピードで走り抜ける車たちを眺めてコウイチも大喜び。
ランエボの群れ。
e0064400_61442100.jpg


こんなに間近で見るのは初めてだ。すごい迫力。
e0064400_6151084.jpg


それから、とうちゃんはアクティブセイフティー講習のショートプログラムを受けた。
本当は1日コースを受けたかったが、そっちは日にちも限られているし予約が必要。
まあまずはどんなものか50分コースを受けてみた。
スキッドリカバリーコース。
水をかけて滑りやすくしたところに進入すると後輪の乗った地面だけが瞬間的に20センチほど動いて強制的にスピンさせられる。それをカウンターステアとブレーキングでうまくコントロールできるようになろう、と言う講習。

自分の車で受けることもできるが、汚れたりダメージを受けそうだったので教習車を借りてやった。1日コースだと教習車の車種も選べるらしいが、ショートプログラムはシビックのオートマ。ぼろい。
本当は自分の車でやったほうが役に立つのだろうが、コーンに激突したり水を浴びたりスピンしまくりで、やっぱり借りておいてよかった。

しかし、最初はほんとにスピンしてしまって、どうしていいかわからなかったのが、習ってやっているうちに、落ち着いてちゃんと走り抜けられるようになるのだから、すごいもんだ。
まあこんなケースは雪道を激走しない限りなさそうだが、ここまでのケースにあわなくても安全のマージンが広がるのはいいことだ。フルブレーキングだって普通に走っていたらめったにするような状況はないけど、いざというときに初めてやるとあわててしまうから体験しておけるというのは大きい。
1日コースも受講したくなった。

と、盛りだくさんの一日だった。
コウイチはますます車好きになって、うちに帰っても「ぶーん、ぶーん」のビデオを見たがるようになった。と言っても雑誌の付録のDVDしかないから、F1を録画しておかなくては。

粘土のリングに大喜び。
最近のブームは粘土とブーブーなのだ。
e0064400_6162838.jpg

[PR]
by hirommk | 2006-04-11 06:15 | travel | Comments(0)

花見

今年も手賀の丘公園に花見に行って来た。
暖かいし、風もないし、花も見ごろで絶好の花見日和。
さすがに今日は混んでいるかと思ったが、いつもどおり適度にすいている。
手賀の丘公園によく来る地元の人でも、桜の存在は案外知らないようだ。
かなりわかりにくいところにあるからね。
e0064400_544645.jpg

e0064400_551744.jpg
e0064400_552525.jpg


いすのお立ち台に立って熱唱。
最近の十八番はトトロの「あるこー、あるこー、わわわわげんきー」
e0064400_554062.jpg

[PR]
by hirommk | 2006-04-04 05:05 | travel | Comments(0)

コウイチ&ナナミの写真がメインのブログ