<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Club Med Kabira-4

お昼過ぎにナナミを見にクラブから連れて帰る。
最初は泣いてばかりだったけれど、昼ごろにようやく慣れて友達ができたらしい。

コウイチとママがテニスに行っている間に海とプールで遊ぶ。
ほとんど独り占め状態。
e0064400_0255655.jpg

膝までの海に入っただけで魚がたくさん見える。
e0064400_0255992.jpg

e0064400_02623.jpg


プールも独り占め。セーフジャケットで犬かき。縦横無尽に泳ぎ回っていた。
e0064400_026820.jpg

e0064400_0261144.jpg


スカッシュを教えてもらう。
英語だけどなんとなくわかってんのかな。
e0064400_0262211.jpg

一人でミニ卓球大会にも挑む。
e0064400_0262910.jpg

英語はやだとか外国はやだとか言っていたけど、外人に対する抵抗もなくなったかな。
食事の席も基本相席で英語でしゃぺることが多いし。

シーサーづくり
e0064400_026577.jpg



バーでジュースを飲みまくり。
e0064400_0262672.jpg

e0064400_0263318.jpg


ちょうどスタッフの入れ替わりの時期で、村長の交代イベントやら新しい人が入ってきたり、帰りの飛行機では務め終わって家に帰るスタッフと一緒だったり。
e0064400_0261676.jpg

e0064400_0261973.jpg


飛行機から見るサンゴ礁
e0064400_0361051.jpg

サンゴ礁は鍾乳洞みたいに地下で溶けてなくなっているところがあって、突然ボコッと穴が開いていたり、土台としてはちょっと怖いものがある。

帰りの飛行機は桜ジンベイ。
e0064400_036514.jpg

石垣出発が少し遅れたおかげで、那覇では乗り換え時間ゼロ、下りたらそのまま次の飛行機に乗ってすぐドアが閉まって出発という感じ。

最高の天候にも恵まれて最高の3日間。帰りには雨が降り出すし、あまりに絶妙なタイミング。
きっともう一度!と思って行ってもそう簡単には同じ風景を見ることはできないんだろうな。
Club Medはスタッフが魅力的だから、天気に恵まれなくてもそれなりに楽しめそうだけど。
中国資本に買収されるかもというニュースはちょっと心配。
[PR]
by hirommk | 2014-12-15 00:43 | travel | Comments(0)

Club Med Kabira-3

ナナミをミニクラブに預けて、11歳以上のマリンスポーツ(コウイチは四捨五入で11歳ってことで)。
コウイチにとっては初めてのシュノーケリングに、カヤック、スタンドアップペダル。
e0064400_0134855.jpg

e0064400_0135284.jpg

セーフジャケットをつけていたせいか、特に問題なく泳いでいた。
ようやく防水カメラの出番。
e0064400_0135672.jpg

e0064400_014012.jpg

突然底が見えない深いところに来るとセーフジャケットをつけていても、ぞーとしてなかなか深いところの上は泳げない。
e0064400_014350.jpg

結局2本連続でもぐって、コウイチは「あーさかなー!」かもぐりながら叫びまくり。
e0064400_014577.jpg


波もなく透明度抜群だからスタンドアップペダルがとても心地いい。結構すいすいよく進むし。
e0064400_0148100.jpg

e0064400_0141258.jpg

e0064400_0141548.jpg

e0064400_0141936.jpg

水と空と地面の境界もよくわからない。きれいすぎ。
水中カメラを一度水に入れて外でそのままとるとぼけぼけになるのが失敗した。
[PR]
by hirommk | 2014-12-15 00:24 | travel | Comments(0)

Club Med Kabira-2

花と風景
e0064400_0113562.jpg

e0064400_0111677.jpg

e0064400_0105967.jpg

e0064400_0104745.jpg

e0064400_0535694.jpg



e0064400_0105256.jpg

e0064400_0105569.jpg

e0064400_0113119.jpg

[PR]
by hirommk | 2014-12-15 00:12 | travel | Comments(0)

Club Med Kabira-1

3泊4日の石垣島。
時期的には海水浴は微妙だったが、結果的には滞在中はずっと奇跡的な好天に恵まれて最高だった。
Club medも初めてだったが、食べ放題飲み放題遊び放題のみならず、スタッフ(GO)がいろんな国籍、いろんなタレントで楽しめる。1週間もいたら家族みたいになりそうだ。遊びに来たら気に入って、頼み込んでスタッフに雇ってもらったという人もいたけれど、わからないでもない。まあ実際に何か月もいたらさすがに飽きるだろうし、朝から晩まで忙しいのに夜のエンターテイメントの練習などいつしているのだろう?という感じ。

写真が多すぎて整理できないけれど、とりあえず1日目スタート。
飛行機からの石垣島。夕方到着。
e0064400_6293694.jpg


朝の海岸。水の透明度にびっくり。
東南アジアのリゾートに似たような風景はあるけれど、ここまできれいな水は見たことない。
e0064400_629485.jpg

e0064400_6295178.jpg


まずは周辺の様子を知るためにもネイチャーツアーというのに参加。40分くらいと聞いていたのに講義だけで40分、散策合わせて2時間。。いや楽しかったのだけど、心の準備ができていなかったのと子供たちにとってはやや退屈で、最後のほうは「まだ~?」を連発されてイライラ。
e0064400_629415.jpg

e0064400_6295818.jpg

e0064400_6295553.jpg

e0064400_6294591.jpg


コウイチの関心はテニスやら卓球だったようだが、とにかくせっかくの天気だし海に行かねば。
プールも誰も泳いでないし、きれいにメンテされているし贅沢だ。
e0064400_630669.jpg


グラスボートツアーには申し込みそびれてしまったが、自分でタクシーで行けるとのことで行ってみた。人数多いし、タクシーのほうが安いかも。ただ、タクシーに来てもらうにはちょっと時間がかかる。
e0064400_6301094.jpg

グラスボートでは岸からほとんど動かないうちにたくさんの魚が見えた。
とにかくきれいだ。
e0064400_6302730.jpg


何をやっているかと思ったら、ヤドカリ迷路を作っていた。
e0064400_6303113.jpg

e0064400_6303419.jpg

e0064400_6304168.jpg


夕方コウイチは念願かなって、テニスにアーチェリー、スカッシュ、卓球などやりまくっていた。
e0064400_6305038.jpg


夕日を見に行ったり、星空を見て感動したり。季節外れの蛍までみれたし。

さらには食事のあとには毎日エンターテイメント。
コメディーやら手品やら歌や踊り。観客も参加させられる。
コウイチは手品の手伝い、自分はマイケルの踊りとか。。
e0064400_631477.jpg

とにかく盛りだくさんの1日。
あまりスケジュールを詰め込まずに、のんびりとおとなな休日をと思わないでもなかったけど、実際には遊びまくり食べまくり飲みまくり。帰ってからの体重が怖かったけど、よく遊んだせいか、1キロ弱の増加ですんだ。
[PR]
by hirommk | 2014-12-10 07:31 | travel | Comments(0)

北海道

今週は都内で講演会、懇親会のあと会社に戻って夜中まで電話会議のあと朝4時起きで北海道出張、帰ったら忘年会で終電逃して東京から3時間かけて15キロを歩いて帰ったりと、ちょっとまぬけで忙しいビジネスマンぽい生活もしてみた。

早朝の羽田。
e0064400_061076.jpg

飛ぶのは好きだ。
e0064400_061572.jpg

e0064400_062875.jpg

雲海がすごい。
e0064400_065237.jpg


北海道では、最初は雪が降っていなかったのが、降り始めるとあっという間に積もって真っ白。
車線も何もわけわからなくなるのが怖い。
e0064400_065636.jpg

今回は一人だったからコンパクトカーにしたらノート。
4WDではあるけれどかなり心細い。
やっぱりスバル指定にすればよかったかなと思ったけど、実際にはそれほど怖い思いはしなかった。
以外に車は滑らない。けれど降りるとあっという間に滑って転びそうになる。
スタッドレスのすごさか。
レンタカーやでチェーンはないのかと聞いたら、北海道ではだれもつけませんよ、だって。
北海道でつけないのに、何で本州ではちょっとした雪でつけるんだ??
e0064400_071587.jpg

e0064400_071950.jpg

e0064400_072297.jpg

e0064400_072616.jpg


北海道は好きだなあ。
また出張で来れる機会があるといいのだけど。
[PR]
by hirommk | 2014-12-08 00:14 | travel | Comments(0)

第四回空手世界大会

今年もやってきた世界大会。
何ともゆるい感じの空手だから、毎週わざわざ遠くまで通ってやってる意味あるのか少々疑問も感じるところだったが、1年ぶりに見ると着実な進化が見ることができた。
e0064400_23282485.jpg

e0064400_23282185.jpg

e0064400_23281871.jpg

e0064400_23283169.jpg

今年はなんと演舞で最優秀賞。
とび蹴りも一番飛んでいたし、(身長の差し引きで一番にはならなかったようだが)
乱捕りもそこそこ勝って(2勝一敗)、銅メダル。(高学年の部は参加者4人だが、、)
無茶苦茶に突っ込んでいくガッツはないが、相手の出方を見ながらそれなりにうまくポイントをゲットしていく感じで、ポイントをとれるかどうかの判定は審判の判定がかなりあいまいだから勝ち負けは微妙なところ。

やる気や喜びをあまり表に出さないけれど、本番には気合い入っていたし、本人もやりきって結果もそれなりに満足のいくところだったんじゃないかな。継続は力なり。

大会自体も4回目になって、大分ちゃっちゃと効率よくなってきた。
メダルがもらえなかった人に余ったメダルとか商品をあげるとかもなくなってたし。
しかし規模がちっとも大きくならないのは残念だね。
小学生までしかいないし。

e0064400_23282851.jpg

e0064400_23292094.jpg

そろそろナナミのおけいこも考えなくては。
[PR]
by hirommk | 2014-12-07 23:42 | family | Comments(0)