<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

秋を探しに

どこかに行こうと思ったが、森の家に着いたのが昼ごろで、時間を考えるとやはり筑波山か。
e0064400_230593.jpg


とりあえずロープーウェイで山頂まで。
山頂は濃霧で視界ほとんどなし。
e0064400_2302316.jpg


片道ならナナミでもなんとかなるのではないかと、下りはじめる。
杖は2本あったものの、靴も服も普通で、リュックですらなかったので、いわばは結構大変だったが、ナナミも最初の頃こそ怖がっていたものの、そのうちひょいひょい一人で降りはじめた。
e0064400_2302053.jpg

e0064400_230849.jpg

e0064400_2301495.jpg

e0064400_2301745.jpg

全身泥だらけになりつつ、途中で一回だけ転んで泣いたものの、結構元気に降りてきた。
いつの間にか体力ついたもんだな。
もうちょっとちゃんと準備すれば往復いけるかも。

つくば温泉ホテルで温泉に入り、ゐ田とかいう蕎麦屋でそばを食べた。
e0064400_23132337.jpg

ここのそばが何とも不思議。
ぶっとくて短いくて、何ともそばらしからぬ食感。そば粥というのも食べたことのない味と食感。
蕎麦湯がドロドロで、おかゆを食べているような感じ。
まず抹茶とお菓子が出てきたり、古民家風で骨董品らしきものがあちこちあって、ジャズが流れていて、コーヒーなどを飲むと大人のおしゃれな感じになりそうだ。
単純にうまい、という感じではなく、まずいわけではなく、いろいろこだわりを感じる独特のお店。メインの通りからは外れているし、知る人ぞ知る秘密のお店という感じかな。
[PR]
by hirommk | 2014-10-26 23:23 | travel | Comments(0)

ななみ運動会

本当は園舎を引っ越している予定だったために近所の小学校の体育館での運動会となった。
どうせなら広いグラウンドでやればいいのに。保護者スペースもやたら狭くて写真撮るのに苦労した。

でもまあのびのび楽しそうにやっていたのでいいか。
e0064400_0115637.jpg

e0064400_011545.jpg

e0064400_0115192.jpg

e0064400_0114932.jpg


新しい仮園者の見学
e0064400_0115960.jpg

モデルルームとかに行くときもそうだけどやたらくつろぐ二人
[PR]
by hirommk | 2014-10-19 00:15 | family | Comments(0)

アユタヤ

基本、行ったところは水田しかない。
e0064400_23495010.jpg


という話をしていたら、仕事帰りに少し遺跡によってくれた。
崩れかけたレンガがなかなか風情があっていい。
e0064400_23482158.jpg

コンクリートで修復された部分がいつごろ修復されたのか。仏像は結構新しい感じがする。

金箔の張られた仏像
e0064400_23481481.jpg


フローティングレストランで食べたトムヤムクンはなかなか美味だったが、レストランが浮いている川がドロドロで何とも不気味。やたらでかい貨物船などもとおっているところを見るとかなり深そうではある。レストランでは残ったものを何でもどぼどぼ川に捨てちゃうし、その川で釣り人が投網で漁をしているし。。
いろいろ細かいことは気にしちゃ生きていけない感じがする。
[PR]
by hirommk | 2014-10-18 23:56 | travel | Comments(0)

ワットポーはBTSでナショナルスタジアムまで行ってからタクシーで15分ほど。行きは150B、帰りは100B。行きは値段も確認せずに乗り込んでしまって少し吹っかけられたか。メータタクシーといいながら、メーターを動かさない。乗り込む前に行き先を行って値段を確認しないといかん。

観光地は欧米人が多い。ワットポーは想像以上にすごいな。(100B、水のペットボトルつき)寝釈迦仏もすごいけど、にょきにょき立っているタイル張りの塔のカラフルさに圧倒される。
e0064400_23384896.jpg

e0064400_23384562.jpg

e0064400_23384247.jpg

e0064400_23383981.jpg

e0064400_23383777.jpg

e0064400_23383477.jpg


ワットポーの近くから船が出ていてワットアルンへ。片道3B。チャオプラヤ川はどろどろでいろいろなものが流れていて、でっかい魚もたくさんいて、いろんな船が行きかっていて、流れも速いしバイタリティーを感じる。
パッと見、ディズニーランドに見えなくもないか?
e0064400_2339136.jpg

船着き場
e0064400_23381876.jpg

気の荒い船乗りが、どうやらタイ語で急げとか言っているのにのんびりしている欧米人の腕を引っ張って怒ったりしていた。

ワットアルンはでかい塔に登るのがメインイベント。ものすごい急な階段で足がすくむが、上に登るとすばらしい眺め。
とにかく大きさに圧倒される。
e0064400_23383131.jpg

下を見ると足がすくむ
e0064400_23382756.jpg

眺めは素晴らしい。パッと見ヨーロッパみたい?
e0064400_23382471.jpg

塔の修理
e0064400_23382239.jpg

[PR]
by hirommk | 2014-10-18 23:45 | travel | Comments(0)

バンコク

6時ころバンコク着。スムーズに出たが、タイ人がアレンジしてくれたはずのタクシーが見当たらない。探し続けて電話してみると「オーオー、30分待って。」??忘れてたんか?結局1時間くらい待った。普通のタクシーで行けばよかった。

ホテルはロータススクンピッド。以前ノボテルだったようだ。30階の部屋で眺めがいい。足元はごちゃごちゃしたところだけど、遠景をみればずいぶんきれいに見える。東南アジアの中ではひとつ頭が飛び出た発展振りという感じ。
e0064400_23124134.jpg


ホテルのあるあたりは日本人だらけ。フジスーパーや居酒屋は日本そのもの。欧米人はオープンエアのバーに集まっているという感じ。

スカイトレイン(BTS)もきれいで便利。冷房効きすぎでずっと乗ってると冷えるけど。15-55Bくらいで1日パスは130B(400円)。チケットはコインじゃないと買えないので、窓口で両替をしてもらう。チケットはプラスティックカード。地下鉄(MRT)はお札でチケットが買えるけど、出てくるチケットが真っ黒なプラスチックのコインみたいなやつ。
e0064400_22593984.jpg

チケットが出てきてもよく見えなくて???となる。入り口ではタッチで、出口では穴に入れる。スーツケースを持って自動改札を通ろうとすると、どんなにスーツケースを体に近づけておいてもモモをがしっとはさまれる。

エンポリオのフードコートは入り口で金券を買って、余ったら出るときにお金に戻す。金券を買う意味がいまいちよくわからん。100B前後。トムヤムを頼んでみたがやたら辛いなあ。

サイロムのMBKはでかいデパートといった感じだが、中はやたら細かい店が密集して入っている。このあたりはデパートが多く人の密度がやたら高い。

マレーシア人に薦められたChatuchak Parkの週末市場にも一応行ってみた。BTSでMo Chitへ。なんかよくわからんままに市場の中をうろうろ。特に何を買うつもりもないし、人ごみもやだからすぐでてきたけど、とにかくでかい。とにかくいろんなものが売っている。
e0064400_23132090.jpg

この屋根の下がすべて市場らしい。どうやら自分が歩いたところはほんの入り口の屋根3つ分くらいか。
e0064400_23131769.jpg

マンゴーWith Sticky riceを食べた。(50B)
e0064400_2259307.jpg



Saphan Taksinから川を眺めて、Siamからルンビに公園、日本大使館、Tobacco Monopoly Hospitalのところのスカイウォーク、アソーク、プロンポン、トンローとひたすら歩く。
e0064400_23131479.jpg

e0064400_23131066.jpg

Tobacco Monopoly Hospitalのところのスカイウォークのところはほとんど人がいなくて散歩するには良い。
e0064400_23123647.jpg

でかいトカゲがいた。
e0064400_23123877.jpg

e0064400_23122724.jpg

なんとなく古い日本の田舎を思わせるところもある。
e0064400_23203035.jpg


ぴかぴかのビル郡を背景に足元がスラムのようなところがたくさん。とはいえ夜中にふらふらしていても特に身の危険を感じることもない。足元に穴があいていることがあるので、あまり酔っ払っていると怪我をしそうだけど。道がでこぼこで、屋台がいっぱいで、人がいっぱいで、バイクや車がめちゃめちゃに走っているから、スーツケースを引っ張って移動するのは苦労する。タクシーに乗ろうにも混んでて動かないし。

たまにはタイフードをとターミナル21で食べてみる。ビールはやっぱり日本風居酒屋の生ビールの方がいいな。キンキンにグラスを凍らせててうまい。
長いもの刺身と。
e0064400_22593341.jpg

[PR]
by hirommk | 2014-10-18 23:18 | travel | Comments(0)

スリランカ

初めて、でたぶん最後だろうな、スリランカ。
タイ航空でバンコク経由。ちょうど台風直撃で、ネットで調べると軒並みキャンセルや遅延になっている中、タイ航空だけは何も表示がでてないので、本当に飛ぶのかなあと疑心暗鬼ながら台風の中びしょぬれになりながら羽田へ。
激しい雨の中ほんとに飛べるのか?と待っていると、出発時間ぎりぎりになって「天候の影響と、機体の不具合のため出発が遅れます」とのアナウンス。ほかの飛行機も一台も飛んでいないし、バンコクでの乗り換えも7時間待ちだから1-2時間の遅れはどうでもいいな、とのんびり待っていたが、外はだいぶ晴れてきたのに、いつまでたっても「もうしばらくお待ちください」だけで、飛ぶ気配がない。
散々待った挙句昼過ぎになって20時に延期だと?!いきなり12時間遅れかい!いきなりバンコクでの乗換えにも間に合わないではないか!行列に並んで窓口でバンコクでの乗り換え便はどうしたらいいのか、と聞くもここでは確認できない、わからないって、なんだそりゃ。
埒が明かないので、代理店に状況をメールすると、バンコクースリランカを次の日の便に、バンコクでのホテルもタイ航空が手配してくれるように交渉してくれたとのこと。ありがたい。
で、夜7時ころ、まるまる12時間以上を羽田で過ごした。やることがないと異常に疲れる。今度こそ飛べるかと搭乗口に行くと、「まだ機体が直っていません。あと5時間くらいかかる予定です。5時間後にも直るかわかりません。」はああ??
そのあたりから、よれよれのスーツを着た小さなおじさんの責任者らしき人とと、たくさんいるけれど手持ち無沙汰にカウンターの中で3人くらいずつ集まってひそひそ話してるお姉さんスタッフたちの迷走が始まる。。。
おっかなそうなお兄さんたちの怒号が飛び交い、「なんとかほかの便に振り返るようにします!」「振り返る名簿を作っているのでもう少し待ってください」「どうしても後30名の方が乗れません」「キャンセル料をいただかないので、ボランティアでキャンセルする方を募集します」「次の日の便でいいという方を募集します」。。。
もうキャンセルをするという人も荷物がぜんぜん出てこなくて待たされるし、そのうち「全額返金できるかは、、、」とか別のスタッフにいわれて切れる人、、、
どうせ乗り換え便がバンコクの夜中発なので、バンコクの空港で長時間待つより、日本のホテルで一晩過ごしたほうがいいかと次の日の便への振り替えに応募したが、これまた出国取りやめ、荷物取り出し等の手続きで2時間以上待たされ、職員のお姉さんも「私一人じゃできない!」とか切れ気味。
ともかく次の日に振り替えた30人程度の人とタクシーに乗り合いで大森の東横インによる一時ころチェックイン。疲れた。

次の日はタイ航空の同じ便も飛んでいたものの、昨日と同じ機体には乗りたくないでしょう、ということで同じころに出るANA便への再振り替えで、タイ航空からの申し送りがうまく行っていないのかANAの窓口でもバンコクの窓口でもシステムに入ってきていないとかでだいぶ待たされた。

タイの水田
e0064400_22172953.jpg



ともかく今度は無事飛んでバンコクへ。空港の中で7時間待ちはいやなので、一旦出国して空港の近くのホテルへ(BSレジデンススワンナブーム)。3000円くらい。隣の音が丸聞こえだけれどまあまあきれいな部屋。近所をうろうろしてコンビニでビールを買って帰ろうとしたら5時以降じゃないと売れないのだとか。
入国税が2000円(700B) くらいかかる。う~ん、なんだかんだと出国すると結構かかるかな。

0時にスリランカのコロンボ空港へ到着。飛行機はガラガラで3席並べて寝れた。
コロンボ空港の税関を出たところには小さめの洗濯機を売っている家電やさんだらけ?なんでだ?

タクシーで1時間くらいかかってホテルへ(マウントラビニアホテル)。チェックインすると「Good morning!」だって。まあもう朝だけどさ。夜中着の便が多いせいか入り口付近には外国人がたくさんたむろっている。結局家を出てから44時間かかって到着。とんでもなく遠いなあ。

ホテルは歴史ありそうでなかなか立派。ドアマンとかが兵隊さんの格好でかっこいい。床は木がみしみしやたらうるさい。電源プラグが、持っていったアダプターではどうにも刺さらず、ホテルで貸してもらったのもあわず、もう一度貸してもらったがなかなか刺さらない。やたら力を入れて押し込まないとだめらしい。3つあるうちのひとつにペンを押し込みながらプラグを押し込むという裏技もあるようだ。なんか怖い。
e0064400_22375092.jpg

0階がある。さすが0を発見したインドの近く?
e0064400_22422847.jpg



ジャングルクルーズでマングローブの中へ。水漏れしているボートで浮きがなくなっている役立ちそうにないセーフジャケットをつけて進む。狭いマングローブ林の中をお客さんが掻き分けながら進む。なんとも日本とは安全に関する感覚が違う。
今回一緒に行ったメンバー。何とも国籍不明。
e0064400_22361929.jpg

でっかい蛇が泳いでいる。ワニかと思った。
e0064400_22361237.jpg

Fish massageだって。日本のやつとは魚の大きさが違う。
e0064400_22361591.jpg




夕暮れから日が落ちて真っ暗の中ビーチバレー。インド人は好きだなあ。たまたまお酒が出せない日だったらしく、お酒のないディナー。味気ない。。。

スリランカは仏教の国。街中にあちこちにガラスケースの中にライトアップされた仏像がある。教会の前にはキリスト像が同じようにある。うろうろしていたら、「日本も仏教の国。仏教の国に割る人いない」とか話しかけてくる。くっついて話しかけてくる人もあやしすぎるよなあ。
e0064400_22362522.jpg


道ががたがたで三輪車、バイク、牛などが歩いていて、車はなかなか進めない。タクシーの車やバスは日本語表示が残った中古車が多い。電車はドアや窓が開きっぱなしで人があふれている。線路も人がたくさん歩いている。インドの写真で見たイメージそのまま。踏み切りは人が棒を上げ下げしている。
e0064400_22354573.jpg

力尽きたら落ちるしかないんだろうなあ。ドアがないと思ったけど、しまっているところも一部あった。
e0064400_2235578.jpg

野良犬がやたらいっぱい。
タイもそうだけど。まあおとなしい。
e0064400_22355285.jpg

e0064400_22362867.jpg


一日何回かスコールがやってくる。外はむしっと暑く、部屋の中は凍えるほど寒い。ホテルでは毎日盛大な結婚式。やっぱりその民族に合うきれいな衣装があるものだ。
e0064400_22422539.jpg



帰りの便も夜中の1時半出発なので、みんなでディナーをしてから空港へ。ディナーはFAT CRABとかいう店。めちゃでかいカニが出てくる。みんな手をどろどろにしながらむしゃぶりつく。とってもワイルド。
e0064400_2236058.jpg


e0064400_22362215.jpg


e0064400_22363189.jpg


コロンボからバンコク便は満席で席もやたら狭くてつらかった。
[PR]
by hirommk | 2014-10-18 22:49 | travel | Comments(0)

コウイチゴルフデビュー

ショートコースなら予約もいらないし、マナーもうるさくないので行ってみた。
e0064400_12079.jpg

e0064400_115852.jpg

e0064400_115653.jpg

リトルグリーンバレー
4時過ぎるとナイター料金で1人2000円とお手ごろ。

コースはすいていたし、まあショートだからちょろちょろ打っていても後ろから追いかけられることもなく、練習にはいいかも。
自分のデビューコースでもある。
今回は前半はほとんどボギーで回れて、自分の成長も確認できたかな。
しかし暗くなると、ボールは判らなくなるし、距離感なくなるし厳しい。

遠くはないけれど、下道しかなくて、いつも混んでいるのが難点ではある。
[PR]
by hirommk | 2014-10-05 01:06 | family | Comments(0)

運動会

5年生になると、騎馬戦や組体操が出てくる。ついでに運営の手伝いでかなり忙しそう。スターターは楽しそうだけどね。
e0064400_0454839.jpg


e0064400_0455462.jpg

e0064400_0564384.jpg


ナナミも走る、走らない、折り紙なんかいらないとかうだうだ言っていたが、何とか走った。
e0064400_0455173.jpg


いそいそいろいろ並べてお人形さんごっこ
e0064400_17267.jpg

[PR]
by hirommk | 2014-10-05 00:56 | family | Comments(0)

北海道

e0064400_0112191.jpg

北海道は降り立った瞬間から空気がきれいでいい気分。

e0064400_0112397.jpg

今回のレンタカーはレガシーを頼んだらレボーグになった。
加速が気持ちいいし、アイサイトは楽チン、いろんな機能がすごいけど、これに慣れたらほかの車が運転できなくなるかも。

e0064400_0112618.jpg

豊平峡温泉に行ったら、なぜかインド人が2人厨房にいて、温泉のにおいよりカレーのにおいが充満しているので食べてみた。トマト味で辛くない。温泉はカルシウムが豊富なのか、湯船が石化してすごいことになっていた。
[PR]
by hirommk | 2014-10-05 00:17 | travel | Comments(0)

韓国

また韓国9日間。食事シリーズ

前回気になっていた「あびこカレー」
e0064400_23505821.jpg

e0064400_235123.jpg

確かに日本風に見えるけれど、辛さ+3にしたら胃が痛い、、
これで1300円くらいと随分高いけど、結構人は入っている。
自分が住んでいた茨城の我孫子かと思ったら、大阪のあびこだった。

e0064400_23505341.jpg

タコ料理。生きたやつをそのまま鍋に投入。
手前の赤いのはビビンバ。辛くなくておいしい。

e0064400_2351616.jpg

日本風の店。凍った刺身が出てくる。
刺身とつまを海苔で巻いて赤いのにつけて食べる。悪くないけど、日本食ではないよなあ。
料理を持ってくるたびにちょこちょこチップをあげるのもなかなかわからない週間。

e0064400_23511173.jpg

参鶏湯。鶏が丸ごと入ってる。カンジャタンもでっかい豚肉が骨ごと入ってて、大胆な料理。

ちなみに今回の韓国はアジア大会とかぶっていて、空港にJAPANの制服を着た選手らしき人がたくさん。
予定が早く終わったので、飛行機を早い便に替えてもらおうと思ったが、すべて満席で変えられなかった。
[PR]
by hirommk | 2014-10-05 00:09 | travel | Comments(0)