<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

とまどい

夕方少し涼しくなったし、どうにも腹が減ったのでまたふらふら出かけるとウォルマート発見。
ホテルに電子レンジがあることを思い出し、冷蔵食品などを買い込んで食べることにした。
ビールを一ダース買いかけて栓抜きがないことを思い出してやめたのはナイス判断、と思ったが、ホテルに戻って食べようとしたらはさみがないし、フォークとかもないよ。。。

スーパーのレジでは時々わけわからなくて戸惑う。
"target credit?"
クレジットをターゲットするって?は??は???
と戸惑っていたら、そういえばこのスーパーはターゲットという名前でそのクレジットがあるかどうか聞いているようだった。
今日は"under 40?"
40?40ってなんだ?酒を買ったから18以上かというのならわかるが、40以下っていったい?
IDを見せろといわれて、日本の免許しかなくて、これはこういう意味だとか説明して、、、
レジだと後ろに人が並んでいるのがプレッシャーかかるしどきどきする。
[PR]
by hirommk | 2009-06-29 09:36 | travel | Comments(0)

アメリカン

外には何もないし、下手に外に行くとこげ死にそうなので今日はホテルの冷房の効いたジムで走って、部屋でレポート書き。
食事はいつも朝はやたら甘いデニッシュにヨーグルト、昼と夜はどこに行ってもハンバーガーかピザしかないな。日本食の店に行くとやたらごてごての中華風な装飾、てんぷらのソースがチリソース。
ブラッディーマリーを頼んだらタバスコをそのままでかいコップに入れたかのような味。
ハンバーガーやで飲んだジュース風のはなんだか薬品くさいし、結局りんごj100%ジュースかバドワイザーが安全な選択肢、という感じで冒険心が薄れてきた。
洗濯機を回したらちょっと離れた床からもわもわと泡があふれ出てきてた。うーん、アメリカン。
[PR]
by hirommk | 2009-06-29 02:36 | travel | Comments(0)

Raleigh

アメリカのたびも半分終わって次の街にやってきた。
アイオワでは毎日見渡す限りトウモロコシ畑の中のまっすぐな道を3-4時間かけて工場めぐり。
ほとんど白人しかいないところで黒人2人とアジア人2人の珍道中?
アーミーやってて日本に来たという人が太鼓のビデオ見せたり、日本語の挨拶を思い出してはいいに来たり。
アイオワでのタクシーはとてもぼろい車に怪しげな運ちゃんが多い。
帰りはヒッピーみたいな人が、いきなり窓を直すのを手伝ってくれ、といって手伝ったけど直らなくて、走ってる途中「今日は、いい天気だろう?機械も自然の空気がほしいんだ。」とかいったり、70’sがすきなんだ、とかいって音楽をがんがんかけたり、怪しいけどなかなか楽しい。
クレジットの国なのにクレジットが使えないタクシーが多いのが結構困るけど。
スーパーでは液晶画面にサインをもとめられたけどかきにくいな。
ホテルでタクシーを頼んでも何度も念を押しをしたのに午後と午前を間違えたり、別の人になったら申し送りがなかったとか、、、、

今度のホテルのあるところも前のところに負けずに何もない。
前のところは一応歩いていけるところにレストランと雑貨店があっただけましか。
今度のところは8車線の歩道なしの道をひたすら歩いてようやくファミレス群のようなものを見つけた。
ホテルのレストランも朝しかやってないし、むー、一人の週末をどう過ごすかなあ。

車さえあればなんとなく日本と違いない感覚で生きられそうなところではある。
なんとなく建物も安っぽいし、写真を撮りに外に出てもとにかく何もない。
旅行に出かけるならやっぱり歴史のあるところのほうが面白い。
[PR]
by hirommk | 2009-06-28 10:36 | travel | Comments(0)

Iowa

乗り換え含めて17時間ほどかけてアイオワにやってきた。
歯が3本くらいしかなくて、スキンヘッドでばかでかい運ちゃん。見た目は怖いけど陽気でよくわからないなまりでしゃべくる。いつまでもホテルにつかなくて、ほんとに大丈夫か、と少々不安になったが、無事ついた。
強烈な日差しに、夜9時を過ぎても昼のような明るさでいったい今何時なのかわけがわからなくなった。

ホテルは以前シカゴで泊まったのと同じくらい豪華だが1/3くらいの値段で、プールやジムもある。特にハーマンミラーのいすに巨大なデスクがあってとても快適にデスクワークができるのがありがたい。
近くはトウモロコシ畑で歩いていけるところには何もなさそう。大学があるがこれまた広すぎて移動の手段がないとどうにもなりそうもない。まあこのホテルの部屋ならしばらくこもっていてもいいかなと思える。
毎日早朝からあちこちの工場訪問が予定されているのでこもっている暇もないが。

飛行機の中でほとんど寝ないで時差ぼけを克服できたかと思ったが、やっぱり変な時間にとてつもなく眠くなったり、それでいて夜寝てもすぐ目が覚めたりと、そう簡単ではない。
[PR]
by hirommk | 2009-06-23 18:17 | travel | Comments(0)

PEN

K-7で決まりかあ?と思っていたが、olympus PEN いい!
とりあえず、衝動買いしたくなるぞこれは。
[PR]
by hirommk | 2009-06-16 20:27 | photo | Comments(0)

すもう

11園の年長園児全員のトーナメント相撲大会がやってきた。
会場はこの前亀田三男が試合をしたところ。

相撲部屋に出稽古に行ったり応援旗やまわしを作ったりとずいぶんこの日に向けて気合が入っていて、
コウイチも毎日がんばっていた。

e0064400_17224426.jpg

手前がコウイチ。お、あっさり相手は手をついたかと思ったが、
e0064400_17225165.jpg

なぜか復活、してパンツにしがみついてきた。
あの状態から復活できるはずもない、ということはコウイチがちゃんと組もうとして持ち上げちゃったのか?
e0064400_1723593.jpg

そのまま押され、
e0064400_17231384.jpg

ひざついたか?ともおもったが、
e0064400_17232479.jpg

結局押し出されて負けた。

上からつぶすか、まっすぐ下がらず円を描いて下がるテクニックがあれば余裕だったのだが、残念。

ちなみに土俵際で投げ飛ばしたり、結構レベルの高い取り組みもあり、親たちの応援は耳をつんざくようであった。女の子たちの方が負けると泣き出したり結構闘争心がある感じ。コウイチは負けたあとしばらくボーっとしている感じだったが淡々としていた。もう少し闘争心を見せてほしいところだが。

e0064400_17251894.jpg


ちょっと遅れていったらすでにすごい熱気で自分の保育園のところには近づけず、反対側から観戦して、どうやらコウイチの園は勝ち残らなかったのを確認して、新潟へ。
[PR]
by hirommk | 2009-06-14 17:38 | family | Comments(0)

MT

MTにとっては最後の頼みだったマツダとスバルだが、新しいアクセラとレガシーを見てがっくし。
どちらも特殊なスポーツグレードにしかMTの設定がない。
気軽にMTを楽しみたいというニーズにこたえる車種ではなくなってしまった。。
エコばやりなのに。HVなんぞよりMTってわけにはいかんのか。

車としてはどちらも結構魅力的な出来に見える。もし車を持ってなければ検討対象になるだろうけど、アテンザに比べて、と考えると乗換えを検討するほどのものでないのは幸か不幸か。
[PR]
by hirommk | 2009-06-12 05:04 | car and bike | Comments(0)

特訓

1ヶ月ぶりに森の家に行くと案の定、竹林寸前。
e0064400_122201.jpg

危ないところだった。

マルチは完全に失敗。
マルチの周りにしそばかり生えてきた。

相変わらず、おかしな2人。
e0064400_1243369.jpg
e0064400_1243835.jpg


インラインスケートの特訓。
e0064400_1254929.jpg

途中何度も倒れて、灼熱の地面で寝転んでいたコウイチだが、なんだかんだと一人でグラウンドの周り一周した。
どうもなんでもすぐやめる根性なしのようでいて、なんだかんだとやり遂げる根性を持っているようだ。
ご飯を食べる時もいつもやたら遅くで、「はやくしろー」といわれ続け、とても全部食べきれないようなオーラを発しつつ、気がつけばご飯粒一粒残さずきれいに食べてるし。
e0064400_1311435.jpg

とはいえ、2周しようとはいかない。

で、今度は自転車でスラロームの練習。
e0064400_1325864.jpg
e0064400_133547.jpg

最初は倒したり、倒れたりだったが、スピードの制御も含めて相当うまく乗りこなせるようになった。
[PR]
by hirommk | 2009-06-08 01:34 | second house | Comments(0)

歯が抜けた!

ようやく1本歯が抜けた。
歯がとれるのがこわい~とかいいながら、トマトをほおばっているうちに「何これ?」と見たら歯が取れていた。
e0064400_684077.jpg

[PR]
by hirommk | 2009-06-03 06:08 | family | Comments(0)

5月の本

今月も目標に届かず。そんなに忙しくはなかったけど、電車の中ではiPodで英語ニュースを聞いていると本を読めないし、出張が少なかったからな。
それにTED(Ideas worth spreading)がいい!片っ端から聞いているとこれまた電車の中で本を読む時間がなくなる。
やりたいことがたくさんあるのはいいことだけど。

農協の大罪 (宝島社新書)
山下一仁
減反政策にミニマムアクセス米、自給率低下、法人の参入制限など、どう考えてもおかしいとは思っていたが、ここまでとは!
農業所得を守るために価格を高くする(消費者の負担)、そのために減反をさせる(税金負担、農地の荒廃)、必要のない関税を高くする、そのためにミニマムアクセス米を受け入れる(税金負担、汚染米の流通)、、、すべての弊害が農業所得を守るためというなら、農家への直接補填の方がよほどいいというのはなるほどだ。直接補填は農家の選別か単なるばら撒きかと政治的に難しい問題も出てくるが、うまくやれば強い専業農家を育てることができる。
法人の参入制限も農地の転用を防ぐためといいながら、ざるの農地法によって実際には現在の全水田面積に当たる250万ha以上の農地が消滅したとか。
これだけでたらめなことがまかり通ってきたのが農協-農林族-農水官僚の政治力か。
農協にもそれなりの機能があるには違いないだろうけど、ここまでひどいととにかくいったん解体しろといいたくなるね。
しかしこれだけまともな考えを持った人が農水のそれなりの立場にいながら、どうしようもない亡国の政策をとめることすらできなかったのは残念なことだ。
石破大臣はなんか気持ち悪くてやだけど、農水大臣になるとはびっくりしたけど、減反政策をひっくり返せるというなら応援しようじゃないの。といっても今の政治はあまり落ち着いて長期的な政策を見ていくことができる状況にないというのが残念なことだ。

100文字でわかる「名画」の秘密 (ベスト新書)
佐藤 晃子
お手軽になんとなくわかった気になれる本がはやるのもどうかと思う一方で、本業と関係ないことに腰をすえて取り組むのも不可能。でもちょこっとでも知識があると絵でも音楽でも楽しみ方が全然変わってくるのも確かってことで。
100字ぴったりに要約する意味はないと思うのだが、まあそれなりに知らないこともあるし、電車の中でチョコチョコ読むにはよい。

決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール
勝間和代
うむ、なるほど。いままでPERとかPBRとかROEとか眺めるだけだったが、決算書を読むとはこういうことか。といっても、この本を片手に10社くらいの決算書を自分で読み解かないと結局身につかない。
action
この2年ほど株は放置で下がるに任せていたけど、ちょっとまじめに決算書を読みといてみよう。
[PR]
by hirommk | 2009-06-03 06:03 | book | Comments(0)