<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

おばけのおうち


最近突然セカンドハウスを持つ、と言う考えがひらめいてすっかりその気になっている。
どうにも今の家が手狭になっているから、ものを処分してコンパクトに生きたいと思う反面、もったいない、捨てるものを仕分けする時間がないという難題にぶち当たる。
今の家以上の大きさの賃貸と言うのはなかなかないし、結構高くなってしまうし、これ以上ものが増えると引越しも大変だし、留学などをするにはいったいどうしたものか、と悩みも大きい。

そこで、セカンドハウスを持って、普段使わないものは全部そこに詰め込んで、普段生活する場はコンパクトにする。あわよくばセカンドハウスを物置としてだけではなく別荘として使えれば子供を広々遊ばせることもできるし、バーベキューなども気軽にできるかもしれない!

今の家を見回せば、1ヶ月に一度ものを入れ替えられれば特に手元においておく必要のないものは大量にある。特にダイニング、書斎、ウォークインクローゼットの中身を考えると1-2割の空間は開けることができる。2割広く、2割高いところに引っ越すよりは、2割でセカンドハウスを持ったほうがゆとりのある生活になるであろう。
2割と言うと、今の家賃からすると2万、で30年分だと700万がセカンドハウスの予算となる。他にも維持費がかかるが、それは別荘としての機能を考えれば高くはないだろう。

で、多少不便でも本拠地から車で90分以内でとにかく広い土地で、多少の手を入れればしばらくは住める程度の家が付いた物件を探したところ、土地が550平米で380万というのが見つかったので早速いってみた。

場所はうちからぎりぎり90分程度。週末ごとに行くにはやや遠いかな。しかし成田から近いし、近くに温泉はあるし、30分で海に出れるし、10分くらいで町に出れるし、圏央道が開通した日には相当利便性の高い立地となる。
とりあえずちょっと海に出てみた。
e0064400_2273770.jpg
e0064400_228055.jpg

e0064400_2284120.jpg


ようやく不動産屋と合流して現地を見ると、ネットで写真を見ていたものの、やっぱりぼろい。土間なんて完全に竹林になってるよ。
e0064400_229078.jpg

コウイチは「お化けのおうち」といって結構喜んでいたが、蚊がものすごくてあっという間に20箇所くらい刺されるし、蛇はいるし・・・
e0064400_2292458.jpg

こりゃあいったいいくらくらいかければ泊まろうと言う気になれるかなあ・・・

土地も550平米とかかれていたが、どう計算しても300平米くらいしかないし、盛り土されていて家が50センチくらい低いところに建っているし・・・

不動産屋も立派なクラウンに乗っている品のよいおじさんだったが、会社のあるところに行ってみてもそれらしきものはないし・・・

この物件はHPに乗せてからもう30件くらい問い合わせがあったとか言っていたが、まともに住めるようにすることを考えるとだいぶ割高に思えてきた。大体ちょっと陰気な雰囲気が気に食わない。もうちょっと気長に探すことにしよう。

44444キロ
e0064400_22102663.jpg


やっぱ走りながらだとブレブレだ。
[PR]
by hirommk | 2006-10-28 22:10 | travel | Comments(0)

My Book

ブログをPDFにして、本にできるサービスと提携したらしい。
(他のブログも大体ここと提携しているみたい)
これまでもあったけど、有料会員じゃないとできないし、どうやらあまり使い勝手はよくなかったらしい。

PDFにするまではタダなのでHiro’s roomでやってみた。
一瞬で出来上がり。こりゃあ便利だ。
無料のサービスはいつ打ち切られても文句は言えないが、たまったブログを保存するのも面倒だし、何とかならんかなあと思っていただけにこりゃ助かる。

しかし、本にするには妙に小さいし、字はでかくてやたらページを食う。
Hiro’s room1の方はなんと3分割せねばならず、合計1036ページにもなった。
で、製本してもらうとなるとモノクロで送料まで合わせて9700円くらい、カラーだとなんと39000円ほどになってしまう。

うーむ・・・ぎりぎりモノクロ版で1万をきっているからやってみようかという気になれるかどうか。カラー版じゃあほんの1年分で4万とはとてもとても・・・

大体、写真のないページも、一行しか文章のないほとんど白紙のページもカラー料金になるのが気に入らない。
もうちょっと字を小さくすれば一気に枚数も減らせるのに。
写真の大きさを指定したりとか、もうちょっと融通が利けばいいのにな。
4万も出すなら表紙くらい自分でデザインしたいが現状ではわずかな雛形から選ぶしかない。
PDFで保存するにも、なぜかHTMLファイルになっていたり、まだいろいろ妙なところや不便なところがある。
値段も含めて今後に期待。
[PR]
by hirommk | 2006-10-24 12:36 | a la carte | Comments(0)

カート&F1 


せっかくもてぎに来たから、キャンプの前と後にカートをした。
今度こそライセンスを、と意気込んでいたが、むつかしいねえ。
今回はしっかりブレーキを使って走って、一回目は順調にラップを伸ばしてベストラップは50.345。他の人に比べれば2-3秒早かったが、Aライセンスは45秒ではるか及ばず。
コウイチに「パパおそいよ!もっとがんばって!」といわれる。
2回目は途中でスピンもしたが、微妙にベストラップは伸ばして50.139。
今度は「パパ、くるくるしないで!ちゃんと運転して!」と怒られた。
このときいっしょに走っていたちびっこたちは42秒とかで走っているのもいるからねえ。
まあ体重差を考えると相当なハンデなのだが。
e0064400_642767.jpg


はあ~、ここから先はだいぶ走りこんで、ライン取りを覚えて、どのくらいのスピードならスピンしないかとかブレーキングのタイミングを見極められるようにならないとラップは縮められそうにないな。
Aライセンスは遠い。かなりがっかりして帰ってきた。
前回はライセンスまで結構惜しいところまで言ったはずだけど、と思って見直してみると前回のベストラップは53.563。
おお!3秒以上縮まってるじゃん!前回惜しいと思ったのは52秒のBプラスライセンスのようだ。それなら今回余裕でクリアしてる。でもBプラスというのは今回なくなってたみたい。
まあ前回からだいぶ速くなってたから良しとしよう。
別のサーキットではまた異常に速いカートが走っていた。あれは90キロのやつかな。
カートの世界も奥深い。

で、今日(昨日)はF1の最終戦。
帰ってコウイチとすぐ寝たから2時頃おきて生で見れた。

F1にチームを持つだけでもものすごいことだし、完走するのも大変なのはわかるけど、完走が目標なんてやめてくれよという感じのスーパーアグリも、最終戦は2台完走で、琢磨は10位。ここまでくればポイントも見えてくる。応援しようという気にもなるレベルになってきたかも。

とうとうMシューマッハ引退、最終戦の怒涛の走りを見るとまだまだやれそうで、惜しい感じがするけどね。来年はライコネンがフェラーリで、アロンソがマクラーレンだっけ?タイヤはブリジストンのワンメイクと勢力図が変わりそう。結構混戦で面白くなるかも。
注目したいのはやっぱりフェラーリのライコネンかな。マッサとどっちが速いだろう?
それとホンダのバトン。もしかしてチャンピオンの可能性もあるかもよ。
アロンソはきっと遅くなるね。マクラーレンはよく壊れるし。またチャンピオンになったら尊敬するよ。
トヨタはいいドライバーを持ってるのに最終戦は2台ともリタイアとは、もう少しがんばれよ、って感じだな。来年からは富士スピードウェイになるんだし。
[PR]
by hirommk | 2006-10-24 06:42 | car and bike | Comments(0)

2日目そば打ち

朝は6時くらいにおきて山の中にお散歩。
コウイチも行きはちゃんと歩いて、帰りはだっこ。
e0064400_6214759.jpg


顔出しも上手になった。
e0064400_6224570.jpg
e0064400_6222641.jpg


それから、そば打ち体験。
プロの手にかかるとそば粉が美しく丸まって伸びて、切られて見事なそばになるのは感動ものだ。
e0064400_6233876.jpg

e0064400_6241138.jpg

e0064400_6242090.jpg

コウイチがいちいち手を出してくるのが疲れるが、まあこれまた全部セットされているから失敗はしない。だいぶ短めで太さがばらばら、プロが作ったものに比べると見栄えは雲泥の差だけど十分おいしくできた。
e0064400_6244953.jpg


テントもおかたつけ
e0064400_6253356.jpg


今回は至れり尽くせりのキャンプで楽をしたが、やっぱりつかれた。
自分たちで全部やるのはもうちょっと先になるかな。

コウイチも寝るときは嫌がったが、朝起きてからはご機嫌。
一人で大声で歌ったり、走り回ったり。

帰りに温泉に入って帰った。
コウイチは水風呂が気に入って何度も入っていた。

帰りの車ではすぐに寝たコウイチだが、
帰ってから「お外でねんねしたね」といったら、「うん!はなびもどーんした!」?
夢の中で見たのかな?それともキャンプファイアーのことか?
ともかくコウイチもだいぶ楽しんで、元気になった気がする。
雨も帰りに降り出したけど、キャンプ中はきれいに晴れてい気持ちよかったし。
「また行こうね」ってことでコウイチも納得のキャンプだったかな。
[PR]
by hirommk | 2006-10-24 06:26 | travel | Comments(0)

初キャンプ at Motegi

ツインリンクもてぎでキャンプをしてきた。
コウイチが生まれてからは初めてのキャンプ。
コウイチつきで自分たちで全部やるのはきつそうなので、道具を全部貸してもらえるやつに参加。一人9000円だから結構いいホテルに泊まれる値段だけど、もてぎの入場料やオートキャンプ場を借りたり、レンタルしたり、食材やいろいろな体験講座を単純に足すのに比べると相当お得なお値段とも言える。

たまたまフォーミュラ日本をやっていて、昼の間はずっと爆音が響き渡っているのはキャンプ場にはそぐわない感じはする。しかし山に登っても全然コースは見えず。ちょっとくらい見えるようにしてくれてもいいのに。

今回は4家族が参加。父子2組と家族2組。やはりコウイチは一番小さかった。ほとんど最少催行人数だが参加するほうとしてはインストラクターの目も行き届いて最適人数だったかも。
まずはお昼ごろ集合して、テントを張る。ものすごくでっかい。7人用だったかな。3人で寝るには広々。なかなかいいテント。寝袋も念のためにうちから3つ持っていったが羽毛のいいやつを貸してくれた。
e0064400_5591070.jpg


それから山歩き。というか山くだり。山の感じは八王子の山と同じような植生で、針葉樹の森とこならぶなが混じっている。アケビやきのこもいっぱい。山間に田んぼがあるのもそっくり。ただこちらは道に木のチップを敷き詰めて歩きやすくなっていて、田んぼもきれいに整備されている。
e0064400_74772.jpg

地面が気になるコウイチ。
e0064400_74744100.jpg

歩くたびに足元からかえるやバッタがぶあっと飛び散って、小学生の男の子たちは大喜びで捕まえまくっていた。いたよ、というと飛んできて何も考えずに手が出てむしりとっていく。かごの中が虫だらけ。コウイチは相変わらず見るだけ。

コウイチは最後のほうは疲れて、だっこ~になったが、「お山では抱っこしないって言ったでしょ」といって何とか泣きながら最後まで歩ききった。
道に出てから、借りてきたキッズキャリーをちょっと使ってみた。
e0064400_7493688.jpg

しかし、重い。
コウイチがこれまた元気に動くからリュックのようには行かなかった。

妻が使うとこんなにでっかくはみ出すコウイチ。
e0064400_7491148.jpg


しまいにはコウイチが自分でキッズキャリーを背負う。
e0064400_7501665.jpg
e0064400_7495982.jpg


山を降りると車が待っていて、サケの遡上してくる川を見せてもらってからキャンプ場まで戻る。なんとも至れり尽くせりなプログラムになっている。
e0064400_613599.jpg


夕食は栗ご飯とアクアパッツァ。
思いがけずダッチオーブンの料理ができた。
これもみんなで作るといっても、全部用意されていて食材をちょっときるだけだから、なんとなく作った気分を味あわせてくれるだけで、実際の大変なところは全部裏でやってくれている。
アスパラを切るコウイチ
e0064400_623729.jpg

少年たちが鮭をきるのを見るコウイチ
e0064400_645733.jpg

小学生くらいになると楽しいことがいっぱい有りそうだぞ。(だいぶ高くなるけど)

コウイチは火バサミで一人そこら辺の石をつまんでは喜んでいた。

かまどのご飯もあっという間に炊き上がる。
e0064400_654658.jpg


ダッチオーブン。
e0064400_662747.jpg

いい火があると、こんなちょっとの炭でうまいこといくもんだ。
すごく簡単そうに見えるけど、自分でやるとうまくいかないんだよな。

こちらもあっという間に出来上がり。
e0064400_6113032.jpg


コウイチもよく食べた。
e0064400_6122431.jpg


かぼちゃたち。
こういうのがあると雰囲気出るね。
e0064400_6103981.jpg


最後はキャンプファイアーを見ながらのんびり酒でも飲もうかと思ったら、コウイチ5分位したら、「さ、ブーブでおうちに帰って寝ようか」と一人立ち上がる。
まあ、昼寝の暇もなかったし、眠いだろうとテントに戻ろうとすると「やーや!そっちじゃなーい!、ぶーぶでかえるの!」と泣き出した。
無理やり寝袋にいっしょに入って寝かせたが、「このおうちいいでしょ?今日からこのおうちでねんねしようね」とかいうと、ひたすら無言でブルンブルン頭を振っていた。
まあすぐ撃沈して、ごろごろ転がして寝袋の中に入れて収めた。
e0064400_6131842.jpg

夜中に動いてどんどん出てきてしまうのが困ったが、何とか朝まで熟睡。
[PR]
by hirommk | 2006-10-23 07:50 | travel | Comments(0)

ついに・・・

近頃天気がいいので毎日バイク通勤。そろそろ冬眠の時期も近づいてきたけど、あと2回乗れば15000キロ達成!
ところがまたこの数日調子がいまいち。おとといは4速あたりで走っていたらいきなりN に入ったようになって冷や汗をかくし、昨日はセルを回せど全然エンジンがかからない。ようやくかかって、バッテリーが弱ったかな~、とライトを消して走っていたが、今朝はとうとう何をやってもエンジンがかからなかった・・・

寒くなってきたから、弱くなったバッテリーにはきついのかな。
要はバッテリーを換えればいいんだけど、あと2週間くらいで冬眠の季節なのにもったいない。毎日充電するわけにもいかないし・・・15000キロが急に遠のいた。
[PR]
by hirommk | 2006-10-19 10:52 | car and bike | Comments(0)

柏の葉公園


柏の葉公園でサッカーとリレーの練習をした。
だいぶ走ったが、何かにつけて、抱っこ、と言うのは変わらない。
e0064400_22562859.jpg
e0064400_22561910.jpg

「ぶーぶがきてあぶないから」「すべるから」「まだいたいから」、Jリーグの応援の声が聞こえてきたら「怖いから」などなど、よく言い訳を見つけてくる。
夕方買い物に行ったときには、「抱っこって言わなくていい子でしょ」とか得意げに言った先からつまずいて、「だっこ~」。

だいぶ顔らしいのを描ける様になって来た。
奥のほうが「まっぼん」、手前が「こうちゃん」の顔。
横にぴろ~と伸びているのは耳。
e0064400_2256461.jpg

[PR]
by hirommk | 2006-10-15 22:56 | travel | Comments(0)


どうも最近とろくてたまらんなあ、やっぱマツスピアクセラするしかないかな、とか思っていたが、どうも息苦しいような感じなのでエアクリを見てみる。
e0064400_2244585.jpg

大して汚れてないようだが、掃除機できれいにならないかと吸ってみるが、全然だめ。大きい虫の死骸とかすら取れない。調べてみるとちょうど1年、18000キロ交換していなかったから、これは素直に買い換えたほうがよかろう。

量販店でアテンザ用でおいてあるのはブリッツだけなので、また同じのに交換。
早速お店で変えてみたが、驚いた。
帰るときにはまるでよみがえったような加速をしてくれた。
いや、エアクリはやっぱり大事なんだな。
今日もあまりにも気持ちよく走ってくれるもんだから、思わずかっ飛ばしたくなってしまった。思わず踏みすぎて燃費が悪くなると言う気持ちもわかるような気がした。
こりゃあ、ラムエアとマフラーを換えたらさぞかし楽しいだろうな・・・

ポリラックは、バイク全身にしたら、つるつるで実に乗りにくくなってしまった。
お尻はつるつるすべるし、ニーグリップもできない。止まろうとすると前にすっ飛んでいきそうになるのをかろうじて腕でとめる感じだし、何よりニーグリップができないと全然コントロールできない。
一度乗れば直るかと思いきや、いつまでもすべすべしているから、石鹸水をつけたタオルでごしごししたら何とか乗れるようになった。
ポリラックは体が触れるとこにはしちゃいかん。
ニーグリップの滑り止めパッドをバイク屋に探しに行ったがないもんだな。

コウイチを乗せてみた。
いつもバイクで行くというと「いっしょにいく」と言うくせに、今日はちょっと怖がって、あまりいい写真が取れなかった。
e0064400_22462978.jpg
e0064400_22454017.jpg

[PR]
by hirommk | 2006-10-15 22:46 | car and bike | Comments(0)

ポリラック

これまで洗車はボディーコーティングのメンテナンスでやってきた。
これがとても楽チンでよかったのだ。何しろ水で洗ったあと、リンスをつけた布で拭きあげるだけ。最低限の工程で済んでいた。
しかし今回ドアとフェンダーを交換したためコーティングされていないところが部分的にできてしまった。といってもコーティングしてからすでに2年以上たっているから、他の部分のコーティングも残っているのか怪しいのではあるが。

マツダの純正コーティング(ラルグコーティング)はスーパーとゴールドがあって、新車時にやれば、確か4万くらいと6万くらい。その値段の差は何なのかというとゴールドは5年保障がつくということだったような気がする。しかし保障といっても実際には意味がない、と思っていたが、実は今回のようなケースであれば、コーティングをやり直してもらえる、と言う違いがあったようだ。とはいえ、2万余計に払って今回のケースを想定するのはやっぱり無駄ではある。

で、自腹でコーティングをやり直してもらうか、新しい洗車方法を見つけるか・・・
一度に4万と言うのはやっぱり高いような気がして、自分でできる洗車法がないかと探していたところ、ポリラックと言うのが絶賛されていた。
ワックスとかブリスのようなコーティングはやり方を見ているとめんどくさくてやってられなさそうだし、失敗する話もちょくちょく出てくるが、ポリラックは失敗も少なく結構楽に施工できそうな話が多い。
なんでも、汚れ落とし機能、傷隠し機能、塗装の保護機能、つや出し機能がオールインワンですごいらしい。
しかし高い。普通に買うと300mlで5000円位する。
しかも通販以外では手に入らないようで、送料もかかる。
でもものは試しと言うことで、100mlのとプラスチックケア、クロスのセットを計6000円くらいで購入。

やってきたものを見ると、100mlってものすごく少ない。容器もしょぼいし。こんなんで、車一台分足りるのかな??クロスも12枚セットで2000円くらいだが、なにやらペーパータオルのようなぺらぺらしたやつで、本当にこんなのでいいのか?と不安になる。
e0064400_3143681.jpg


いきなり車でやるのも不安があるから、まずはヘルメットとバイクに試してみる。
・・・う~む、ネットの評判にあったような、感動的な汚れ落とし機能、傷隠し機能も実感できない。つやも??こりゃ失敗したかな。

不安になったが、ともかく車にも試してみた。
簡単施工といっても、水洗いしてから、ポリラックを塗って30分後に拭きあげ、またポリラックを塗って30分後に拭きあげを2-3回繰り返す。今までに比べるとかなり面倒だし野外洗車をするしかない身にとっては、30分も放置したらほこりが積もりそう。

さて、一回目。ポリラックを塗っていくが、やっぱり感動的な汚れ落とし機能、傷隠し機能も実感できない。拭きあげのときは粉が噴いていたようなのがさっと拭けて一瞬、おお!と思ったが、あれ~?それほど感動的なつやも出てこない。全体的に見るとむしろくすんだようになって、こりゃやっぱり失敗したか、とがっかり。

しかしともかく2回目を塗ってみる。1回目のときは紙ぺらのようなクロスで拭くと車の塗装面がざらざらなのがわかって、粘土でも使わないとだめなのかなと思ったが、2回目のときはつるつるした感触に代わっていたのに驚いたが、真っ暗で拭いているところが見えないのがもどかしい。運転席に座るとボンネットが鏡のようになって前の車が写り込んでいるのが見えてちょっと期待が膨らむ。
次の日見てみると、うん、こりゃあ結構ぴかぴかかも!
e0064400_3145433.jpg

どうやら2-3回重ね塗りをすると真価を発揮するようだ。
心もとない感じのクロスも案外丈夫で、慣れると結構使いやすかった。

ネットの評判から期待したほどではなかったが、一応また使ってみたいという気になった。
ポリラック100mlは今回でほとんど使ってしまったから、また買わねばならぬが。

プラスチックケアのほうは特に感動のレポートは見つからなかったが、実はこっちのほうが結構優れものかもしれない。黒いプラスチックが粉を拭いたように白っぽくなったやつにつけて拭くと、新品のプラスチックのようなきれいな黒さが戻ってくる。
この効果は結構大きい。油を塗るようなものかもしれないが、そんなてらてらした感じにはならなくて、しっとりした新品プラスチックの感じが出ていい感じ。
バイクのプラスチックは完全に白くなっていたから効果は大きかった。
とはいえ日本の車にはプラスチックのむき出し部分はほとんどないから使うところも少ない。
アテンザだとフォグのところと内装くらい。しかしワンポイントの黒さが戻ると全体が引き締まる。
ドイツ車なんかだと結構黒いバンパーが付いているからあれに使うと効果絶大であろう。

ボクシングがブームのコウイチ。
e0064400_315216.jpg

ところで今朝、コウイチが朝起きてうえ~と泣いていたから行ってみたら、なんと「まっぼん!」と言うではないか。
こんなことは初めて。とうちゃんに怒られたときに避難しに行くことはあっても、寝ぼけているときは絶対とうちゃんなのに・・・
昨日も珍しくすんなりまっぼんとお風呂に入っていたし。
何か心境の変化が出てきたのかな?
まっぼんとも仲良くしてくれるようになるのは助かるが、まっぼんじゃないとだめ、と言うことになると困るぞ。
[PR]
by hirommk | 2006-10-09 03:15 | car and bike | Comments(0)

成田ゆめ牧場


特別なものは何もなかったけれど、なぜか大混雑していた。
駐車場500円に、入場料1200/1人と結構高いし。
まずはアイスクリーム。
e0064400_3471472.jpg


草(?)そり。
e0064400_352301.jpg

e0064400_3524629.jpg

好きなだけやって、終わったら待っている人にそりを渡す、と言うなんともゆるいルール。

どうやら本物の機関車があった。しかし牧場全体が煙くなるくらい汚い煙を吐く。
e0064400_3481833.jpg


かえるくん。
e0064400_3484213.jpg

他の遊園地だったら閑散としていそうだけど、ここでは大行列してようやく乗ったが、コウイチが乗りたがった青いブーブには乗れなかった。
e0064400_349490.jpg


他には小学校の校庭ならどこにでもありそうな、タイヤが半分埋まっているやつも大人気。コウイチも気に入ってずっとぴょんぴょんとんでいた。

どれもどこにでもありそうなのに、なぜこんなににぎわっているのか、とても不思議だった。たまたまこの日は混んでいただけなのかな?
まあコウイチにはちょうどいい感じのところではあったけれど。

デジカメの撮影枚数が1万枚を超えた。3年弱。
[PR]
by hirommk | 2006-10-02 03:49 | travel | Comments(0)