<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

21世紀の森と広場再び


ナビなしで、わけのわからない住宅地の中をぐるぐるしながら、もう知っているところに出たら帰ろうと、半分あきらめていたところでようやくたどり着いた。

で、本物のサッカーボール(といってもビニール製)を買ったのでコウイチとサッカーをしようとしたが、起きたばかりで走り出したと思ったら転んでまたひざをすりむいて、だっこ~。しばらくとうちゃんが抱っこしながらサッカーをした。

しかしあしでぽんぽんの魅力にはあがらいきれず、ようやく一人で走り出した。
e0064400_6522054.jpg

たくさん人がいたが、とにかく広くて気持ちがいい。
e0064400_653056.jpg

かあちゃんも思わず転がる。
e0064400_6524116.jpg


コウイチは1回ボールをとうちゃんやかあちゃんのほうに蹴飛ばすと、満足したようにボールから目を離して後ろを向いて歩きだして、またボールが返ってくるのを待つ。

霧が出てきてびっくり。
e0064400_6541141.jpg

白鷺は数匹いるとすごく美しく見えるが、最近、時々田んぼに100匹くらい群がっているところを見るとかなり気持ち悪い。
e0064400_6543624.jpg

昨日はようやくアテンザが戻ってきた。バイクで会社に行っていたので、仕事をしてからあわてて家に戻って寝ている妻とコウイチをたたき起こしていってきた。
やっぱかっこええのう。コウイチも大喜び。
修理したところはちょっと見た感じではわからない。事故の傷じゃないところも直してくれてちょっぴりラッキーかも。
ついでに、おそらくドアが新しくなったせいで新車のにおいもするし。
デミオとバイクに慣れていた体には、静かで滑らかな走りは高級車を感じさせたよ。
[PR]
by hirommk | 2006-09-25 06:54 | travel | Comments(0)

今度はつま先 


昨日はバイクで帰る途中、今度はなにやら金属片がつま先に当たった。
つま先に激痛が走ったと思うと、ちゃりんという金属音がしたのだが、足の高さにぶつかるようなものが落ちていたのか?なぞだ。
つま先が固く強化されたバイク用の靴を履いていたから痛みだけだったが、普通の靴だったら指がつぶれていただろうな。
やっぱり手袋、靴、フルフェイスヘルメットは必需品。
おとといインシュレーター付きの手袋を買って試したら、効果抜群。
いつもバイクから下りると手がしびれていたが、この日は大丈夫だった。
[PR]
by hirommk | 2006-09-25 06:51 | car and bike | Comments(0)

Google Earth


う~む、おそるべし。
もう少し描画が早くなれば、世界中を一瞬にして飛びまわれる飛行機を手に入れたような気分だ。これなんかは大画面テレビにぴったりのコンテンツという気もするぞ。

すでにかなり究極の地図だが、これがさらに時間軸を手に入れたら・・・と思うとぞくぞくする。
[PR]
by hirommk | 2006-09-23 01:00 | a la carte | Comments(0)

ぶっこわれた!?

今週はずっとバイク通勤だったが、いろいろあった・・・
火曜は一日中晴れの予報が、帰りに大粒の雨が降り出した。
100キロ超で大粒の雨に当たると針で刺されたような鋭い痛みが走る。
この日は一応長袖を着て伊たが、それでも全身剣山の上状態。
でも本物の針と違って後に残らない痛みだから耐えられる。

おとといはいきなり1-2センチの物体がぶつかってきた。
うわっとよけたが、よけらるわけもなくメットのシールドに激突してものすごい音とともに体液らしきものが飛び散った。
フルメットは少々うざったいが、顔がむき出しだったら大変なことになっていた。
田んぼの中を走っていると小さな虫はばちばち当たって大変だが、あんなでかいのは初めてだ。
原付とか、メットを首にかけてノーヘルですっ飛ばしているのが結構いるけど、ありゃ死ぬね。しかし時々原付に追いつけないことがある。リミッターカットしても100キロ超出すには相当な改造が要りそうだが?大体あんなちょろいタイヤや車体でそんなスピードだすって、軽で200キロ出すようなもんじゃないかな。命知らずがいるもんだ。

で、昨日は、ちょうど以前転倒したあたりで、バイクのエンジン音がなにやら弱々しくなってきた。ガス欠かな?と思ってすぐ近くのガススタまで何とかがんばろうと思ったが、ガススタ直前で警告灯が全部ついて止まってしまった・・・
やばーい!とあわててエンジン切って、ガススタまで押していって、ガス欠ならガソリン入れてもらえば動くはず、とガソリンを入れてもらった。
ガソリンを入れてもらうときにタンクを見たらまだガソリンが少し残っていたから、もしや単なるガス欠ではないのか??とあせる気持ちが増幅。
ともかくガソリンを入れてもらって起動しようとしたが・・・動かない。
ありゃりゃ、こりゃほんとに壊れちゃったのかな?
オイルの窓を見ると泡が出てる。オーバーヒートか??
何度もやっているうちにセルを回す音も弱々しくなってしまった。
バッテリーも弱っちゃったか?

下手なことはしないほうがいいかもと思って、ガソリンスタンドの隅に置かせてもらってJAFを呼ぶことにした。
前回転倒したときはレッカーの当てもなく、修理してもらう店もなかったが、今回はJAFもバイクに対応するようになったし、レッドバロンも近いし、そういう意味では不幸中の幸いかも。

で、30分位してJAFが来て、念のためにエンジンをかけてみると、なんと今度はうそのように元気にエンジンがかかった。
え??なんで?

でも警告灯がついて嫌な止まり方をしたのが不安で、動くにしてもこのままレッドバロンに持っていったほうがいいのかな?自分で持っていくか、JAFに運んでもらうか?
かなり迷ったが、JAFの人が後ろをついてきてくれると言うので、悪いと思ったがまた止まって呼ぶよりはいいかと思って、会社まで後ろをついてきてもらった。
結局特に問題なし。
帰りにレッドバロンに寄ろうと思ったが、帰りも異常は感じなかったし、保育園の迎えもあるからそのまま帰った。

結局単なるガス欠だったのかも知らん。ライン上のガスを使い切って、ガソリンを入れてもらってもしばらくラインにガソリンが行き着くのに時間がかかっただけかな?
やっぱり新車に買い換えたほうがいいかもとしばらく真剣に悩んだが、もうちょっと持ちそうだ。

いや、JAFには余計な手間をかけてしまった。しかし年6000円も払ってずっと利用していなかったから、たまにはいいか。

ところで、今日はようやく妻が帰ってくる。
昨日の夜寝るときにコウイチに「あしたまっぼんが帰ってくるね」と話していたら、
「こうちゃんのまっぼんいっちゃった~、え~ん、え~ん」
と泣きまねをしてから、あははは~と大笑い。
な、なんか、かなり高度な技をしてくれる。
[PR]
by hirommk | 2006-09-22 07:01 | car and bike | Comments(0)

3歩進んで・・・


昨日からコウイチは一人でトイレに入っておしっこをするようになった。
心配だから開けようとすると、「入んないでよ! しーめーて。」と閉めてしまう。
一応ちゃんとできて、補助いすも「これもふいたよ!」とちゃんとしまって出てきた。

しかし、しばらく保育園からもオムツやぬれた服が帰ってこなかったり、夜おねしょもしなかったり、お兄ちゃんパンツにする?と聞くと「やったー!」とやる気満々で、オムツ卒業か?と思うと、またしばらく服をびちょびちょにして、オムツを多用するようになったり。

今日はかさを一人でしめようとして奮闘していたが、力が抜けてかさの端が目に入ったら大変とこっそり補助しようとしたら、「ひとりでやるの!」と怒って泣いた。
怒るときは最初は「やめて」とか口で言うが、そのうち地団太を踏んで「がお」とか威嚇を始めて「あっかんべーだ」とか「ばか」とかいって、「あっかんばーはだめだよ」というとそのうち黙ってたたきに来る。
で、「たたかないで!」というと泣いて「だっこ~、だっこしてほし~の」。くつをぬぐのも「ひとりじゃできない」と言い出す始末。

3歩進んで、2歩戻ったり、4歩戻ったり、かと思うといきなり5歩進む感じだ。
[PR]
by hirommk | 2006-09-21 05:33 | family | Comments(0)

実家

妻が8日間の出張のため、連休中は実家にコウイチと行って来た。ETCもナビもない、窓も手動のデミオで行くのはちょっと疲れたけど、3日間とうちゃんは楽をさせてもらった。

じーじとやきゅう。
じーじ、ちゃんと投げてよ。
e0064400_5135454.jpg

ばーばと買い物。
e0064400_5141716.jpg

パワーショベルを運転した!
e0064400_5145044.jpg

大好きなパワーショベルと電車の競演。
しかし気がついたら手が真っ黒。
e0064400_5144230.jpg

電車が来るとすぐに柵によじ登ってしまう。はらはらするよ。
e0064400_5145941.jpg

[PR]
by hirommk | 2006-09-20 05:15 | family | Comments(0)

保育園での出来事


保育園に迎えに行くといろいろなことが起こる。
「こうちゃんのパパ」といいながら他の子が足にしがみついてきたり、他の子がいっせいにわらわらと集まってきて握手を求められたり、それに負けじとコウイチが「こうちゃんのパパよー!」と必死に足にしがみついてきたり。
かと思うと他の子が、「パパ!」と顔を輝かせてちかづいてきて、「なんだ、こうちゃんのパパか。」がっかりした顔をして去って行ったり、「こうちゃん、おむかえだよ。」と冷静にコウイチに教えに行ってくれたり。
コウイチはとうちゃんの手を引っ張ってわざわざ先生のところに言って、「こうちゃんのパパ」と教えに行ったり。
エアロスミスのシャツを着ていたら、「ねえ、ねえ、このひとだれ?」とシャツを指差しながら聞いてきて、「えーと、お歌を歌う人だよ」と言うと「かっこいーね!ほしーなー」とか言ったり。
ベルボトムのジーパンに女の子が2人よってきて「これかっこいーね!」とか言って行ったり。「ありがとう」といいつつ、どこら辺がかっこいいのか頭の中で?が渦巻いたり。
帰りは1こうえのこと一緒になっていて、コウイチよりかなりレベルの高い喋りをしていて、どの程度の返答をすればいいのかかなり戸惑う。
コウイチも「アバレンジャー」なるやつをいつの間にか知っていて、お古でもらったシャツにアバレンジャーのがあったら大喜びで、夜も着て、次の日も「これを着ていくの」と着替えずに保育園に出かけていった。友達の靴をじーと眺めて「アバレンジャーのくつ」といつまでもしゃがみこんでいたり。

最近はコウイチは友達から「こうちゃんのママは?」とよく聞かれて困っていたようだ。
迎えに行くとコウイチはとうちゃんに「こうちゃんのママは?」と聞いてくることが何度かあった。あるいはとうちゃんが迎えにいくと「こうちゃんのパパ」とコウイチが友達に説明して回ったりしていた。で、今度は友達がとうちゃんに直接、「ねえ、ねえ、こうちゃんのママは?」と聞きにきた。「おうちにいるんじゃないかな」と適当に答えておいたら、コウイチも一緒になって「おうちにいるよ」。でも2人になるとまたとうちゃんに「こうちゃんのママは?」と聞いてきた。
妻のことは「まっぼん」と呼んでいてコウイチの頭の中ではまだ「ママ」と一致していないのか?とも思うが、写真とかで「ママは?」と指差しさせるとちゃんと答えられる。

おしごと
以前はとうちゃんが出かけるとなると大泣きで大変なことになるから、見つからないようにこっそり出かけていたのだが、最近は週末仕事に出かけるときはちゃんと「バイバイ」をしてくれるようになってきた。
「気をつけてねー!」「いってらっしゃーい」と言ってくれる。自分が出かけるときは「気をつけるよ。いってきまーす」

寝る前の体操
寝るときは歯を磨いて、おしゃぶりもって、絵本を2冊くらいチョイスして、「ぱちぱち、しー」ではじまり。本を読み終わると「おしまーい」といって、こんどは「たいそうしよー」と言って、足を開いてストレッチをする。

「あなたのお名前は?」
マイクを持つ格好をして「あなたのお名前は?」ってやってよー、というから、「あなたのお名前は?」というと、「うんちです」とか「おしっこです」とかいって大喜び・・・
こどもじゃなあ。

「おかたつけして」
おもちゃなどで散らかった部屋で次はサッカーなどをしようとすると「おたたつけして」という。??「お・か・た・つ・け・しーて」なかなか言いにくいらしい。「こうちゃんは?」と聞くと「こうちゃんはボール持ってるから」と、ちょっとずるい。
買い物と言うのも「かもももの」とか言っていて、とうちゃんもそれをまねして「かももものいこうか」と言っていたが、いつの間にかちゃんと言えるようになっていて「お買い物行くの?」と返された。
「ありがとうでしょ、ね?」と言われたり、なかなか会話もいい加減には済ませなくなってきた。
[PR]
by hirommk | 2006-09-20 05:02 | family | Comments(0)

代車のでみお


DW3W 初度登録H10.9、1.3L, 車両重量930kg, 総重量1205kg、走行53000km
アテンザ修理の代車に旧型デミオを借りた。

旧型だし、さぞかし古い車かと思ったが、案外エンジンがよく回るし、ブレーキもよく効く。よく整備されているな、と思って走行を見ると5万くらいだし、車検証を見るとなんとまだ6年目。6年前って旧型だったっけ?

案外新しい車だが、ロックも窓もすべて手動。
コウイチの送り迎えにはいちいち前と後ろのロックをしたり、はずしたりと大変。何より鍵のとじこめをしそうでドアを閉めるときちょっとどきどきする。
窓も手動ってことは運転席の窓しか開けられない。
サイドミラーを動かすやつも見当たらないってことは、ミラーを直接手で動かさないといかんのかな。
かなり不便だがなにやら新鮮な感じもする。

旧型デミオはスタイルも質実剛健といった感じで、なんとも商用車のような割りきりが案外好感を持てる。
実際未だにかなり走ってるし。うちのアパートの駐車場にも3台ある。この前、ボンネットがひん曲がったやつがいると思ったら、しばらくしてまた別の色の同じ旧型デミオになっていた。よほど気にいっているに違いない。

走行性能に関しては、エンジンはざらざらしているがかなり元気だし、ブレーキも結構効くが、アテンザの感覚で曲がろうとしたら恐ろしい目にあった。それに100キロを超えるとなにやら不安を感じる。まあ80キロくらいまでで、エンジンにあわせた走りをしているとそれほど不足は感じない。MTだったら結構たのしめるかもしれないな。
ATもATにあわせた走りをすればいいんだけど、機械に合わせて走るというのはなんとも本末転倒な気がする。たとえばATがシフトチェンジするタイミングを予測しながら、シフトダウンしないぎりぎりのところでキープすると結構スムーズな加速になるけど、アクセル調節ひとつでシフト調節までするのは結構疲れる。どうもATの存在意義が理解できないな。
燃費はまだ正確にはわからないが、かなり悪そう。10km/Lからせいぜいよくて12くらいじゃないかな。

あとはシートが問題。ふかふかで30キロも走ると腰が痛くなってくる。レカロシートにMT、集中ロックとオートウィンドウ、カーナビにETCをつければデミオでも我慢できるかも?でもゆるいハンドリングはやっぱりどうにもならんか。

コウイチには毎日「ねえ、べっこんは?」と聞かれる。「くるまやさんできれいきれいにしてもらっているよ」と言うと「みにいきたーい!」という。「まだまだできてないよ。早く直るといいね。」と言うと、「はやく、、、いいね!」とこれまたなんどもいう。
で、パソコンのところに来ると「おおきいくるまみたーい」というから、アテの写真を見せるとうふふ~、とうれしそうにする。やっぱり赤いアテンザじゃないとだめか。
[PR]
by hirommk | 2006-09-13 07:03 | car and bike | Comments(0)

上野動物園

新聞販売店にチケットをもらったので上野動物園に行ってきた。
しかし定価600円、動物園は高いというイメージがあったが結構安かった。

上野動物園といえば、パンダ。
e0064400_0242075.jpg

パンダでくつろぐコウイチ。
e0064400_0244876.jpg

コウイチが結構早起きで9時半くらいにはついたかな。
しかしコウイチがこの日はあまり歩いてくれず、ほとんど抱っこか肩車。
あせだくだく、へろへろに疲れた。とりあえず、朝から2杯もビールを飲んでしまった。

だっこちゃん状態。
e0064400_0251897.jpg


コウイチはだいぶ動物に興味を持ってみるようになってきたし、動物に触れられるところでは結構手を出すようになってきた。
後ろから恐る恐るだけど、結構積極的だった。
e0064400_0255726.jpg

ニワトリが気に入っていた。
e0064400_0262461.jpg

ぞうにものったぞ。
e0064400_0265046.jpg

かめにものった。
e0064400_0272263.jpg

上野動物園は旭山に刺激されたのか、いろいろ工夫のあとが見れるし、他の動物園に比べると動物たちがすごくきれい。うんちまみれの哀れなやつは少ない感じがした。

ハシビロコウがやっぱり面白いなあ。
固まってぴくりとも動かないかと思うといきなり激しくフラミンゴたちを追い回したり。
是非とも門番に2-3匹ほしい。調教できないかな。
e0064400_027556.jpg


かばは普段は泥水の中でいるかいないかわからないけど、口の中を洗ってもらおうと、あんぐり口をあけて飛び出してきたときは巨体が迫力があった。
e0064400_0283478.jpg

ごりら。
e0064400_0285957.jpg

動物園を出てからようやくちょっと歩いてくれた。
e0064400_0293368.jpg
e0064400_0294481.jpg

e0064400_0295458.jpg

どろどろの体で入るにはやや気が引けたが、精養軒でハヤシライスを食べて、我孫子でマクドナルドを食べた。コウイチはマクドナルドの遊具が気に入って、ひたすら遊んでいた。
どう見ても年齢制限越えていそうなおしゃれな女の子たちが入ってきて激しい遊びをしているのをじ~と見ていて、危なっかしいし帰ろうと連れ出したら大泣き。
e0064400_0301616.jpg


バスに乗って、抱っこして帰っているうちに寝てしまった。
[PR]
by hirommk | 2006-09-12 00:30 | travel | Comments(0)

もりのゆうえんち

行きつけの温泉の近くにあった観覧車が気になって、ちょっと行って見た。
マシンはどれもしょぼくて、数も20弱しかないけど、入場料も駐車場代もかからず、どれも200-300円で乗ることができる。(観覧車は500円)
デパートの屋上の遊び場と考えると豪華かも。
e0064400_232661.jpg

しかし遊園地のマシンって、結構高そうだけど、採算が取れるのかいつも不思議に思う。
絶えず行列ができるようなのは別格として、大抵ここのようにぱらぱらと客がやってきてはそのつど動かしている。
せいぜい1時間に10人、1回200円、バイトが一人800円/時、8時間営業として、収入は(200x10-800)x8=9600円、年中無休として年間35万。
1000万の機械とすると、それだけで償却するのに28年。維持費を考えると元を取れる日がやってくるようには思えないのだが・・・

そのあと、近くのトイザラスでコウイチにショベルカーを買ってあげた。
町で見かけるたびに反応するし、手で「ガリガリ」とショベルを掻くまねをよくするので、
「今度買ってあげるね」と言ったら、それから毎日「パワーショベルは?」と聞いてくる。
安易な約束はできなくなってしまった。

なかなかいいやつはなかったが、適度な大きさ、ということでこれにした。
すぐ壊れそうなひ弱さはあるが、レバーでショベルが動かせて、小さめの石をすくったりできて結構楽しめる。パパに「やって~」と言うことが多いが、結構はまってくれた。
e0064400_2325775.jpg


その後、そろそろハスも咲いているはず、と思って手賀沼によって見たが、花がない。
よ~く見るといくつか咲いたあとの茎が見つかったから、もう終わっちゃったのかな。残念。
ずいぶん長いことボール投げをして遊んだ。かなり投げるのがうまくなった。
e0064400_2371779.jpg

e0064400_2334888.jpg

e0064400_23359100.jpg

e0064400_236412.jpg


すごいGTRがとまっていた。
e0064400_2343179.jpg

アテも夕日に映える。
e0064400_2352950.jpg
e0064400_235169.jpg


つかれたね。
e0064400_2364015.jpg


うちで野球の練習をするときは、失敗すると指をクロスして「バツ!」。
うまくいくと「オッケー!」と飛び跳ねながら絶叫する。
絶叫しているところ。内臓が飛び出そうだよ。
これだけ狂ったようになっても、さっと平静に戻って、写真を撮っているのを見ると「見たい」とよってきて、絶叫している自分を見て「あはは~」と笑う。
e0064400_238823.jpg
e0064400_238063.jpg


オッケーのポーズは、親指を出すのと親指と人差し指でわっかを作るバージョンがある。
e0064400_2381839.jpg

いろいろおしゃべりできるようになったのはいいけど、ちょっと困ることもある。
特に人前だと。
この前は温泉に行ったら、全身刺青の人を見つけて、その人の目の前で指を刺して「ね、ね、この人じじ描いてあるよ!」と嬉しそうに何度も報告に来たのには困った。
保育園でもいろいろうちのことを報告するようになったようだし。
[PR]
by hirommk | 2006-09-05 02:38 | travel | Comments(0)