カテゴリ:travel( 266 )

アメリカ

久々のアメリカ出張。
アメリカに行くときの飛行機はきつきつの席で身動きもとれなかったり、5列席の真ん中だったり、エンターテインメントなかったり、お酒でなかったりとろくな思い出がないので、今回は慎重に航空会社や席を選んだ。

アメックスデルタのクレジットを作るとシルバーメダリオンになって、少し広めにエコノミーに無料でアップグレードできるとあったので、年会費はかかるけれど近々2回アメリカに行く予定を考えればまあいいかと入会。
空港のラウンジ使用とか、優先搭乗もできるというのも多少メリットになるかなと。
しかしラウンジは普通にゴールドクレジットで使える日本国内のやつだけだし、優先搭乗というのもダイヤモンド、ゴールド、スカイメイトとかのあと、エコノミーの中では早めという感じであんまりね。。。
一番期待していたアップグレードもアップグレード待ち10番目とかで、結局アメリカ国内便1時間チョイのどうでもいいフライトで一度だけアップグレードされた。足元広々だったけど、後ろに座っていた赤ん坊がさわいでで暴れて、これまたいまいち、、、
まあ年会費一万円程度で得られるメリットとしてはこんなもんかな。年に一回くらい使えるなら悪くはないけど、なくてもいい感じ。
ただデルタのアプリはいつでも席の確認変更、チェックイン、アップグレード待ち状況なんかもわかって優れものだった。

基本長距離は通路側じゃないとつらいよなと思ったけれど、帰りは空きがなくて窓側。北極圏の景色が楽しめて意外によかった。ただ、誰かがゆかに水をこぼしたらしく、下に入れていた荷物がびちょびちょ。危うくPCが壊れるところだった。
国内線では飛行機が一瞬何十センチか落下して後ろの人のコーラが天井にぶちまけられて、そのあとぽたぽた落ちてくる、、、
e0064400_11243978.jpg
e0064400_11243655.jpg
e0064400_11243360.jpg
e0064400_11242932.jpg
おばきゅー発見
e0064400_11242636.jpg
ノースキャロライナ上空
e0064400_11241645.jpg
デトロイト上空
ものすごく広々した庭のあるきっちりした区画の住宅街が延々と続いている。
広い家はいいようだけど、メンテナンスとか大変そうだなと思ってしまう。ちょっとした買い物も車で出かけなくちゃならないし、不便そうに感じてしまうな。
e0064400_11242039.jpg
今回、国内線から国際線の乗り換え時間が1時間著いしかなくてやばいんじゃないかとドキドキしていたが、乗り換えのデトロイトではイミグレーションもないし、荷物のチェックもなく同じ空港内を移動するだけだから、下りて10分後には乗り換え便に辿りつけてびっくりした。空港内を電車が走ってる。
しかしアメリカの空港はどこもとんでもなく広いな。

入国するときもイミグレが機械に代わっていたし、以前はアメリカの空港はいちいちいろいろ厳しいし待たされると思っていたが今回はやたらすんなりと通れてびっくり。
e0064400_11242394.jpg
今回はお客さんもいたので国際免許を取ってレンタカーを借りた。
初めての海外での運転。
レンタカーはラグジュアリーのカテゴリーで一日6000円くらいで安いなと思っていたが、Completeの保険をつけたら倍くらいになった。。
ナビ付きを頼もうとしたら、メルセデスしかなくてもっと高くなるとか。Googleマップがあれば何とかなるかとナビなしで頼んだら、指定された車種が見つからない。ないんだけど、っていうと、この辺りにあるやつで好きなのに乗っていいよ、って。なんかテキトーだな。面白い車を選ぼうかと思ったけど、慣れないところでなれない車も難しいかなと日産のセダンにした。
走り出してしばらくGoogleマップがうまく動かなくて途方に暮れた。案の定ウィンカーとワイパーを間違えたり、40キロくらいで走っているはずなのにやたら速く感じるなと思ったらマイル表示だったり、お客さんを乗せてからも1日目はハチャメチャな運転。3日目くらいにようやく余裕が出てきた。

ノースキャロライナはちょうど紅葉が終わったころだったけれど、寒くもなく気持ちいい気候。
e0064400_11240889.jpg
e0064400_11240104.jpg
3日目あたりは朝霜が降りていたが昼は結構あったかい。
ホテルの裏に歩道が続いていたのでランニングしてみたら、大通りに出るとぶっつりと歩道がなくなってしまう。

e0064400_11235804.jpg
かなーり古い車が結構走ってる。規制ないのかと思ったら、一年に一回排ガスのチェックとかもあるらしい。古い車はアンティークとして登録するのだとか。

ホテルの朝食はめちゃ甘いデニッシュとか、卵とやたらしょっぱいハンバーグ。カップ入りのシリアルとかヨーグルト。
なんかどれも工場で作ったような機械的な感じで、一口食べたらそれ以上無理。コーヒーくらいしかまともなものがない。
アメリカの職は貧しいなあ、という感じ。今回泊まったホリデーインはジムも狭くてランニングマシンも壊れてるし、掃除も適当、おいてあるコップは紙コップ。キングルームで広さだけは十分だったけど。

でもやっぱり肉とクラフトビールはうまい。
熟成肉400グラムくらいで3000円弱。
e0064400_11241390.jpg


[PR]
by hirommk | 2016-12-10 12:21 | travel | Comments(0)

鹿の湯

予想外にしっかり山登りして、温泉のにおいも漂っているのでコウイチが探した温泉に行くことに。
e0064400_07291009.jpg
ずいぶん有名なところだったようでかなり混んでいる。
建物は結構新しいけれど昔ながらの湯治場の雰囲気。48℃の湯から41℃の湯がある。

この温泉の少し上流の殺生岩から温泉神社を散歩。
e0064400_07285846.jpg
e0064400_07290268.jpg
e0064400_07290632.jpg
そのあとパスタ屋さんによって、森の家によって帰った。
パスタ屋の紅葉
e0064400_07291716.jpg
e0064400_07291383.jpg
常磐道は珍しくずっと混んでいて家に着いたのは夜中。



[PR]
by hirommk | 2016-11-19 07:40 | travel | Comments(0)

那須

そういえば紅葉の季節だったと思い立って、少し北の方を探して那須のペンション(ペーター)を予約。コウイチが学校から帰ってきてから出発。
夕食の時間に間に合わないかと思ったが渋滞もなくぴったりついた。ちょうど3時間。
e0064400_07145458.jpg
ご飯は盛りだくさんで食べきれないほど。
部屋はやや狭いかな。
別荘の分譲地のなかで、歩き回っても別荘しかない。まあ個性的な別荘は面白いけど。

何をするか決めていなかったけど、天気がよかったのでとりあえず山を目指す。
e0064400_07031482.jpg
ロープーウェイで登る。
e0064400_07031873.jpg
とりあえず茶臼岳目指して登りだす。
e0064400_07040119.jpg
ななが意外にひょいひょい進んで登っていく。
e0064400_07040200.jpg
この辺りまでくると引き返す人が多く、だんだんやたら本格的な格好をした人たちが増えてくる。
景色もどんどん変わる
e0064400_07035467.jpg
e0064400_07035053.jpg
e0064400_07034323.jpg
e0064400_07034070.jpg
e0064400_07033508.jpg
e0064400_07033117.jpg
なんかすんごいところに来た感じがしていいね。
帰りの雪道は急だし滑るしさすがに普通のスニーカーではきつい。
ナナミなんてスカートだし。一度転んで泣いてた。
アイゼンはいてる人もいるしね。
腿の前面が数日間筋肉痛で大変だった。

[PR]
by hirommk | 2016-11-19 07:25 | travel | Comments(0)

スラバヤ

スラバヤは距離こそそれほど遠くないけれど、直行がないので乗り継ぎで10時間くらいかかる。
行きは成田発バリ経由。日曜の朝に成田に行くと、デンパサール行きが「運航日変更」とかなっている。
はあ??

カウンターの番号も出ていないから受付に行くと、「あちらのカウンターで。」
見れば大行列。
まじか~??
どうやらデンパサール空港のトラブルらしい。

長らく待ってカウンターに着くと、「明日の朝7時になりました」
バリが目的地じゃないから、他の経由地で行けないか聞いても「ありません」
次の日朝早くてバスも電車もないから、タクシー代出してといっても「できません」
で、ホテルを案内するから1時まで待つしかないといって、ランチ券1000円分だけくれた。
で、3時間ほど待ってから行くとまたも大行列に並んだ末に「ホテルのチェックインは6時からです。5時半のホテルのシャトルバスに乗ってください」
はあ???
まだホテルには入れればできることもあるけど、空港でまた3時間待ちってないだろ。
どこか休むとこないのか聞いても「ありません」
ひどい対応だ。
ガルーダインドネシア

成田のカードラウンジは狭いし、硬いいすがあるだけだからパソコンも使えないし疲れる。飲み物もしょぼい。
しかしまあレストランで長時間粘るよりはましか、とまたラウンジで時間つぶしで、夕方ようやくホテルへ。

ホテルはRadissons。近所にコンビにすらない辺鄙なところ。一応テニスコートとかプールがあってリゾートタイプなのだろうか。
部屋数が半端なく多い。中で大分迷った。バブルの頃に立てられて、二束三文で外資に買い取られた感じ。
立派だけど、中身はだいぶ古臭くて、ウォッシュレットですらない。
広い部屋だけど、机周りに電源がない。
まあ欧米的な感じかな。実際従業員も外国人ばかり、泊まっている人もガルーダに乗るはずだった人たち以外は外国人がほとんど。
しかし、こんなとこに泊まってどうするのかな。乗り換え待ちくらいしか用途なさそうだけど。

このホテルでよかったところはジム。ウェイトマシンが古いとはいえかなりそろってる。
ディナーバイキングもかなり充実した内容。
しかし売店にお酒が置いてなくて、コンビニもないから久々の禁酒。
で朝5時半発。

以前タイ航空で夜中まで待たされた挙句、近くのホテルに泊まらされたとき以来の事態。
飛行機はいろいろなことが起こりうるとはいえ、丸一日つぶされるのはやりきれないな。
タイ航空のときはとにかくグダグダな対応でみんな殺気立っていたけど、今回はみんな淡々と指示に従っている感じ。
短いであろう休みの一日が消えて哀れだけどね。
自分はたまたま月曜のお客さんとの会議の予定が延期になったから、無駄な一日という以外実質的な影響はなかったものの、あと一日ずれていたら1週間の実験の予定がパーになっていたところだ。5社が関わる共同トライアルで自分がかぎとなる実験試薬を持参するのだから一日でも遅れたらやばかった。

次の日の朝は無事に飛んだが、早朝の空港はまだお店が何も開いていなくて朝ごはん食べられず。
バリでの乗換え。暑い!
Visa on arrivalの35ドルを準備してきたけど、窓口で聞くと必要ない、とのこと。あれ??変わったのかな?
税関を出ると、お姉さんに国内線への乗り継ぎかと聞かれて、そうだというと「スーツケースは運んでおいてあげる。国内線は2階」と。
大事な試薬が入っているから心配だったが、名簿のようなものでチェックしていたので荷物を置いて国内線の矢印に進むとやたら遠い、人気がない、、、
同じ建物の2階かと思ったらかなり遠いところに歩いていかなくてはならなかった。
e0064400_00461510.jpg

国内線の空港内は飲食店も多くてにぎやか。
コーヒーを飲んでくつろいでいたら、自分の乗る便のFinal Callとかいわれていったら、意外に遠くてあせった。

スラバヤ空港を出るとタクシーの窓口がずらっと並んで大声で呼び止められる、、
ジャカルタではBlue Birdにしろといわれていたが、聞いたことのないやつばかりだしまあいいかと一番はじに行ったが、並んだ窓口で必死に呼び込む人たちの中から選ぶというのもやりにくいな。。

とりあえず無事シャングリラに着く。最上階で静かということだが、外からお祈りの声が結構聞こえてくるし、上からは時々パイプの落ちるようなでかい音。。
トイレの水洗が流れない、、
ミニバーのビールも一本700円位するし、外に出かけたいけど、ふらふら歩いて出られるような感じでなくて、シャトルバスでモールに行くか、タクシーでとこかいくか。探検心もあるけれど、ちょっと面倒くさくなってジムに行ってほかに誰もいないバーでタコスとビール。タコスは意外にボリュームあってそれだけでおなかいっぱい。1000円くらいだから悪くない。
ジムはとても立派。サウナやジャグジーもある。
e0064400_00461192.jpg
とりあえず、毎日筋トレとランニングは欠かさずやって、サウナ入ってから朝食。
お客さんが車を準備していてくれたはずだけど、いくら待っても来なくて電話をしても出なくてちょっと途方に暮れた。
そのうち電話に出てやってきた。駐車場で寝てたんじゃないか。。

夕食は2日目、水槽がたくさんあって魚とかかえるとかエビとかいるお店。
なかなかおいしくてよかったけど、会計を見てびっくり。3人で2万くらい。こりゃ日本でもなかなかいかないぞ。
中身を見ると一つだけとびぬけているやつが、、、
シャコのフライみたいなのが1万以上する。なんか食べにくいしたいして美味しくなかったのにな、、、高級食材だったのか。。
まあバリあたりでもでかいシャコにロブスターとか書いてあったな。

3日目は中華料理でハトのから揚げ。
ニワトリっぽい味だけど、肉は茶色くてなんとなく魚の血合いのような感じ。

4日目はファミレスみたいなところでステーキ。170gで800円くらい。オーストラリアあたりからの輸入が多いらしいけれど、やわらかい。この店は珍しくこぎれいで、誕生日会をやっている家族が多い。店員がハッピーバースデー歌いながらケーキを持ってくる。

最終日ホテルをチェックアウトしようとしたら、「チェックアウトは明日のはずですけど」といわれる。
いや、今日です。といってチェックアウトしたものの、後でなんとなく気になって飛行機の予約を確認してまたびっくり!
今日は21日のはずなのに、飛行機は31日になってる???!!!
もしや自分が代理店に出したリクエストが間違っていたのか??とあわててメールをチェックするとちゃんと21日になってる。21日の便の候補をいくつか出してくれて、その中でガルーダ便で予約して、とそのあとからなぜか31日の便に変わっている。まあ自分の確認不足もあるけど、21日と31日を間違えたのは代理店。そんなことがあるとは普通考えないよなあ。
予約するときも満席だからすぐ予約してとか言われていたから、もしかしたら数日ずれるとかあるかと思ったけど、何とかその日の内の便に振り替えてもらえた。空港に行ってから「今日じゃありません」とかいわれたら最悪だったな。

まああれこれあったけど、一応仕事は無事終了。
最終日に工場の前のマンゴー屋さん。現地代理店の人がいつも箱買いしていくお得意さんらしく、サービスで次々マンゴーをむいてくれる。いろんな種類があって、ちょっと酸味があったり、りんごみたいな食感だったり。試食マンゴーだけでおなかいっぱい。
e0064400_00460319.jpg
e0064400_00460775.jpg

帰りはジャカルタ経由の深夜便。搭乗口近くのスタバで仕事をしていたら搭乗時間近くに館内放送で自分の名前が呼ばれている、、、もしや搭乗時間間違えたか??とあわてていってみると、荷物に問題があるから’チェックインカウンターまでもどれと。なんか変なものでも見つかったかとあわてて戻ると「スーツケースの車輪が壊れてる」。まあそうですけど。というとサインをさせられた。
そんなこと買い、とまたあわてて搭乗口に戻るもいつまでたっても搭乗口が開かず、近くでカラオケ大会のようなことが始まって、お店の店員も出てきてうたったり応援したり、なんなんだか。。

帰りの飛行機はエコノミーにしてはかなり広めで座っている分には楽だけど、寝れるわけもなく土日はひたすら家で寝ていた。




[PR]
by hirommk | 2016-10-24 08:48 | travel | Comments(0)

タイ

再度タイへ。
本来の目的である日系企業の訪問は1日で、あとは地元企業の訪問予定を一週間ぎっしり組まれている。
バンコクから車で2-3時間かかるところだから、毎日朝7時半集合とか。
日本との時差2時間だから8時くらいに車の中で電話会議をしたりとか。

ホテルは今回もThe Continent。今回もクリーニングの袋がなかったり、風呂の掃除がいまいちだったり、シャワーで水が出なかったりと問題はあったものの、ミニバーのお菓子やビール、クリーニングがタダなのはやっぱりありがたい。
最終日はようやく最上階でゆっくり朝食。いい眺めで他に誰もいないし優雅な気分になれる。。
e0064400_00103357.jpg
食べ物はおいしいけれど、工場の前の露店みたいなところで食べたときはおなか壊さないか心配になった。
食器を洗うところとかがね、、
露天のコーヒーもとんでもない量の砂糖とクリームとインスタントコーヒーを入れる。
普通の5倍くらいじゃないか?
あわてて、砂糖減らしてっていったけど、それでも普通の倍くらい。
氷が心配だからホットで飲んだけど、どろどろでとても飲みきれん。
アイスにすると、それをクラッシュした氷に入れた上にコンデンストミルクのようなものをまたどかどかかける。
タイ人の食べ物は少なくてヘルシーな感じがするけれど、飲み物はすごいな。

道路わきにはココナッツが山ほど積み上げられて売っている。
Burned Coconutsとかいうのを飲ませてもらった。
周りの皮をむいて焼いたもので、香ばしい風味になるのだとか。
ココナッツはあんまり味がしないイメージがあったけど、ずいぶん甘く感じた。
ココナッツはヘルシーな感じもするし、飲む直前に穴を開けるから衛生面も悪くなさそうだけど、飲む部分より捨てる部分がでかすぎてごみの処理が大変だな。
最近は中国が大量に輸入しているのだとか。
e0064400_00101904.jpg
この皮をむいたココナツをたき火に入れて焼く感じ。
e0064400_00102228.jpg


タイも韓国も仕事で毎日車を5-6時間も運転しなくちゃならんというのは、相当な社会的損失だよな。
自分は後ろで寝ていればいいけど。
ちなみに車種としてはホンダ車の割合が圧倒的に多い。
既に新しいシビックもたくさん走ってる。今年7月くらいに発売されて、ホンダがトヨタのシェアを一気に抜いたのだそうだ。
ジャズ(日本のフィット)、シティ、シビックの5世代くらいが大量に走ってる。
シビックなんか日本でも売れそうなのに、日本はフィットだけなのが不思議。
新しいシビックのtype Rほしいけどな。RSでもかなりかっこいい。タイのRSはかなりカスタマイズされてるのが多い。
ちなみにマツダのCX3は、マレーシア人とタイ人の一致した意見として「小さいくせにやたら高い!」のだそうだ。

e0064400_00102537.jpg
高速のレストエリア、やたら長くてなんとなくアメリカっぽい雰囲気。
e0064400_00102869.jpg
車に乗っているとどしゃ降りで前が見えなくなったり、かっと猛烈に晴れたり。
あっちの真っ黒な雲がやってくるとやばい。
e0064400_00101545.jpg
Asok付近のタイ料理や。日本人が多い。トムヤム麺とパイナップルチャーハン。一人で食べるには多すぎる。
屋台のような安さはないけれど、安心して美味しく食べれる。
e0064400_00103729.jpg
空港で。これで3千円くらいだもんな。いつもがっかりするけど、空港の中では仕方ない。









[PR]
by hirommk | 2016-10-24 00:20 | travel | Comments(0)

上海

初上海、中国に来るのも何年かぶりで、中国の発展ぶりを見られるかなと思ったけれど、虹橋空港からやや上海中心部から外れたところに直接行ったので、摩天楼も何も見えず、ホテルの周りも30分くらい歩いてみてもずっとこんな感じ。
e0064400_0134492.jpg

e0064400_0134220.jpg

2-30階のマンションの上の方も窓から飛び出した物干しに布団やら洗濯物が干してあるのがすごい。
室外機の取り付けも外壁にくっつけただけな感じでかなり怖い。

ホテルはそこそこ高級そうで、外側はきんきらだけど変なキャラクターが全部ついていて違和感半端ない。
部屋の中の冷蔵庫やミニバーにキャラクターのついた牛乳パックやお菓子が置いてある。それからでっかいカップめんも。。おなかは空いていてもちょっと食べる気にはなれず、手を付けなかった。

ファミリーマートとすき家はたくさんあって、夕食はほぼコンビニ。あと韓国でおなじみのパリバケットでパン。
朝食は抜いてジム。それでも1キロくらいしか痩せなかったかな。
招待されていった食事では上海料理。基本からい物はなく、なるべく素材の味を大事にするのだとか。
まあ食べやすいものが多い。
老酒は子供が生まれたらつぼに入れて埋めて、結婚するときに掘り出して飲むのだとか。
e0064400_0133899.jpg


赤い初代アテンザがまだたくさん走ってる。
e0064400_0134062.jpg


バイクがほぼ電動で、音を立てずに突っ込んでくるから結構怖い。
それでも以前北京で横断歩道を渡れずに困ったほどではない。
空気も台風のあとだったせいか青空まで見えてびっくり。
飛行機から見ると上海付近の海と川はどろどろの色
一緒に行った韓国人たちはどうしても韓国料理、あるいは韓国風のものを食べたいと韓国人街を探しに行っていた。
ホテルのフロントはもちろん英語をしゃべるものの、それ以外の人は英語でしゃべりかけても構わず中国語でまくし立ててくる。最後はジェスチャーを使うしかない。

Facebook, Googleが使えない。一応何件メールが来てるとかいう表示だけはされる。メールがちゃんと送れているのかなど不安になってくる。

今週はまたタイ。1ヶ月に3週海外というのは最多記録かな。
[PR]
by hirommk | 2016-09-26 00:19 | travel | Comments(0)

千葉の博物館

コウイチの夏休みの宿題に博物館のレポートがあるようだったので、千葉の博物館に初めて行ってみた。
深海の生物特別展をやっていた。
ほぼ剥製だけど。

子供的によかったのは、ほぼ終了間際の駆け込みでやらせてもらった工作。
e0064400_2355222.jpg

e0064400_2355165.jpg

e0064400_23551427.jpg

どっちが教えているかわからないような爺様たちが教えてくれる。

そのあと前から行きたかったインドアカート場へ。
ボーリングの跡地を改装した感じで、建物自体が古くて怪しい。
特に地下の駐車場はいい感じ。夜中になったら走り屋が集まってきそうな。
e0064400_23552945.jpg

e0064400_2355346.jpg

e0064400_23553173.jpg


コウイチは最初ビビッてやめようとしていたけれど、自分とコウイチの二人だけで走らせてくれた。
e0064400_23552558.jpg

e0064400_23552736.jpg

難しいけど楽しい。へとへとになる。

さらにそのあと近くのポートタワーへ。これまた初めて。
e0064400_23553663.jpg


やたら人が多くて、こんな人気スポットだったのかと思いきやほとんどがポケモンゴーで集まっている人たちのようで異様な雰囲気だった。
やっているのはほとんど大人~お年寄りだし、不思議な現象だよ。

ちなみにタイやマレーシアでもかなり流行っているらしいけれど、みんな車の中でやっているらしく、それほど街を歩いていても目立たない。というか、四方八方からバイクや車が来るところでやってたら危なすぎるかな。
[PR]
by hirommk | 2016-09-04 00:06 | travel | Comments(0)

水族館

サンシャインの水族館に行って、そのあとじじばばとうなぎ。
そんなに大きくはないけれど、結構見どころはあるかな。
e0064400_2352924.jpg

e0064400_23521332.jpg

e0064400_235215100.jpg

e0064400_23521832.jpg

e0064400_235241.jpg

[PR]
by hirommk | 2016-09-03 23:53 | travel | Comments(0)

SAGA

広い家だけど、子供たちがいっぱいでにぎやか。
e0064400_23445845.jpg

e0064400_23445517.jpg

e0064400_23442278.jpg

e0064400_23441913.jpg

e0064400_23443935.jpg

e0064400_23444154.jpg


ミサンガ作り。株主優待の中ではヒットかもしれないな。
e0064400_23444447.jpg

e0064400_23441443.jpg


横向くタイプと上向くタイプ。
広いと寝相の悪さが加速する。
e0064400_23441624.jpg


たまたま開花。
e0064400_2345138.jpg

[PR]
by hirommk | 2016-09-03 23:49 | travel | Comments(0)

夜はみんなで食事
e0064400_23362350.jpg

e0064400_23362081.jpg

e0064400_23361792.jpg

e0064400_23361569.jpg

e0064400_23361372.jpg

小さい子は表情が豊かで写真を撮りたくなるね。

次の日は海のアトラクション。
海の上にいろんな浮き輪を浮かばせているだけだけど、つるつる滑るし、落ちると這い上がるのが大変。
もの」が壊れたりなくしたり、ふじつぼでけがをしたり、クラゲに刺されたりと満身創痍になりながらもみんな大はしゃぎ。
e0064400_23345445.jpg

e0064400_2334522.jpg

e0064400_23345028.jpg

e0064400_23344722.jpg

e0064400_23344365.jpg

いろいろ無茶な滑降をせざるを得なかったせいか、次の日の朝は全身筋肉痛。
[PR]
by hirommk | 2016-09-03 23:42 | travel | Comments(0)