カテゴリ:travel( 272 )

ラマダン

5月末にインドネシアに行ったら、ちょうどラマダンが始まったところだった。
ホテルのレストランも、ミニバーですらお酒はこの期間出さないのだとか。
一応国際ホテルなんだけどな。
今回はCiptaとかいうショッピングモールとくっついたホテル。

e0064400_15211635.jpg
インテリアはちょっと独特だけど、こぎれいだし、結局モールの方に行く機会はなかったけど、長期滞在するなら便利かも。
前回のシャングリラに結構近い。シャングリラの半額くらい。

でもシャングリラだったらお酒出たかなあ?
韓国系のお客さんの工場だったから、お昼は韓国の家みたいなところで韓国料理、夜はお酒あるかなと期待して韓国料理屋に行ったけど、やっぱお酒はだめだった。
現地の人は朝5時から夜5時半まで水も飲まないのだとか。
5時半近くなるとレストランで待機して、モスクからのアナウンスがあるとみんな食べ始めるんだって。この暑さでは耐えられんな。

e0064400_15210609.jpg
現地の人もいろんなコンビニとか探し回ってくれたけど、見事にお酒はない。ノンアルコールビールなら置いてあるんだけど。。。
ところが最終日に行ったレストランではビール出せるって!感動して飲みまくった。
一応ビールのビンはテーブルの上には出さず、ホールの方でついで持ってくる。
でも、コップはビールジョッキだった。

ところで今回は香港乗換。
乗り換え時間が50分しかなくて、実際に飛行機降りてから搭乗時間までは30分もない。
デトロイトのようにすぐに乗り換えられると期待していたけれど、香港では乗換前に保安検査場を通らなくてはならない。しかも結構な行列。
ようやく抜けたときにはあと10分!!
焦って走ったが、広い広い!走っても走ってもつかない。
息を切らせて搭乗している行列ができているところ見てようやく一息。ところが乗ってから30分くらい動かない。なんだよ、という感じ。まあ荷物も載せかえているこんな乗り換え時間じゃ無理だよな。。。
帰りも同じく50分の乗り換え。今回はダッシュの体勢を整えて飛行機から降りて走り出そうとした瞬間後ろの方から「ジャパン?」とか言っているのが聞こえた。
ん?と戻ってみると乗り換え時間が短いから案内してくれるとクルーの人が秘密の道を通って乗り換え便まで連れて行ってくれた。おかげで搭乗まで20分くらい余裕があった。
もしかしたら行きの時もやってたのかもな。。

ところで香港は初めて。
空から見ると海も山もきれいで人が住んでいるところは高層ビルだらけ。
何とも独特の景観だな。
きっと町の中も普通の中国と違うのだろうな。ちょっとおりて散策してみたい。
e0064400_15212278.jpg
e0064400_15211964.jpg
e0064400_15211348.jpg

[PR]
by hirommk | 2017-06-25 15:44 | travel | Comments(0)

お花見

4月初めはタイに行っていたので、帰ってから毎年行っている手賀の丘公園にナナミと行ってみた。だいたいここは他より1週間くらい遅いけれど、さすがにすでに散っていた。
e0064400_14551864.jpg

一応散った花びらがきれいかな。。
e0064400_14552975.jpg


e0064400_14552308.jpg


e0064400_14551274.jpg
日影と、別の種類はまだ咲いている。
e0064400_14552646.jpg


e0064400_14553755.jpg
ローラースケート。
ほとんどちょこちょこ歩いているだけど、家の周り2周くらい。
自分もやってみたけど、変な筋肉使ってすぐへとへとになる。
e0064400_14554127.jpg



[PR]
by hirommk | 2017-05-14 15:00 | travel | Comments(0)

日帰り北海道

4月末には北海道に日帰り。
まだ時々雪が降っている様子だったから、新千歳から電車で行くことを考えていたが、旭川往復のほうがずっと安かったので、旭川からレンタカーで工場訪問。
ただ、旭川は飛行機の本数が少ないため、やたら時間が開いてしまう。
せっかくだからおいしいものでも食べていこうと、レンタカーで調べた店に行ってみたがことごとく閉まっていて、結局道の駅で変哲のないカレー。
しかも、途中暴風雪で雪やら木のでっかい枝なども飛んできてかなり怖いドライブとなった。
e0064400_01085651.jpg

e0064400_01085912.jpg
e0064400_01090386.jpg
e0064400_01090746.jpg


帰りも時間があったので大雪山のふもとまでドライブ。
まだ雪の壁があってびっくり。
せっかくだから温泉に入ろうと思ったが、ことごとく閉まっていた。。あと1週間くらいすると開館予定な感じ。
e0064400_01092871.jpg
e0064400_01092237.jpg
e0064400_01092054.jpg
e0064400_01091742.jpg
e0064400_01092532.jpg
e0064400_01091184.jpg
e0064400_01094121.jpg
e0064400_01091467.jpg




意地になって温泉探しに天人峡までぶっとばしたら、なんかものすごく古いところだけど開いていた。ほとんどメンテも掃除もされていないような恐ろしい感じだけど雪景色を見ながら源泉かけ流しの湯に入ってまた空港まで飛ばした。
e0064400_01093786.jpg

夕食は空港で食べたが、新千歳と違ってだいぶ残念な感じ。せっかくだから海鮮食べたかったけど、東京で千円くらいの海鮮丼が3千5百円とかじゃ食べる気になれず、またカレー。。

ちなみに今回のレンタカーはビッツ。
車はいくら新しくてもしょぼいやつはしょぼい。
14年目に入ったうちの車の方がよっぽどいい。すべての面で。
せっかくの気持ちいい北海道の道なのにいらいらしっぱなし。
こんなどうにもならん車でも新車なら200万近く、いい車でも10年たてばタダ同然ってやっぱり意味わかんない。
それでも帰りの山道ではだいぶ慣れてかっ飛ばせるようになるから人間の感覚もいい加減というか、適応力があるのかもしれないけど。




[PR]
by hirommk | 2017-05-06 01:28 | travel | Comments(0)

インド その3

土曜日飛行機の出発まで代理店のインド人が観光に連れ出してくれた。
彼も国内線で同じくらいの時間の飛行機なんだそうだ。しかもニューデリーは仕事でよく来るが観光はしたことないとかで、写真を撮ってくれと何度もせがまれた。

行ったのはIndianGateRed Fort
IndianGateはイギリス統治時代に作られたものらしい
ここから大統領府まで一直線の道があって、記念日には軍隊がパレードをするのだとか。
e0064400_00252865.jpg
Red Fort700年位前か。ものすごく高い城壁。像が壊せないように、扉には像の高さにとげとげがついている。

RedFortは外国人は500R、インド人は35R.

e0064400_00255844.jpg
最初は中に入ると2時間くらい歩かなくちゃいけないから外から見るだけ、とか言っていたけれど、またあちこち聞いて回って早く出てこれる道もありそうだと入った。


e0064400_00265373.jpg

中は確かに町のように広い。王座の間とか、妃たちの家とか、

e0064400_00262987.jpg
e0064400_00264009.jpg


外。

e0064400_00270368.jpg
e0064400_00261348.jpg


最後の昼飯はいいものを食べようと、彼が見つけてきたのが、街中の外国人向けの店。ところが彼はベジタリアンだから食べるものがない。店を変えようか?といっても、「いい」といってひたすら御飯だけ食べていた。

自分はビールとお肉のそぼろのようなもの。。

ビール2本で2千円くらい。彼の会社は飲み物代は会社請求できないとかで、両替した現金が役に立った。。


そしてそのあと空港へ。念のためにとかいって、4時間以上前に着いた。。

渋滞していて、余裕を持って出たつもりがぎりぎりになってしまうこともあるのだとかなんとか、まあとにかくよくしゃべる。

観光の間も、もちろん仕事の時の移動時間も、空港についてからまた2時間くらい、ベンチの隣に座ってひたすらしゃべくる。

きっとしゃべり続けることがサービスなんだろうけど、聞いているだけでも大変。

しかも聞いたこととだいぶ離れたところから話し始めてじわっと聞いたところの近くまで寄ってくるけれど、そのころにはこっちの意識が飛びそうになっていて結局なんだったのかよくわからなかったり、、

でも話し方はロジカル(な雰囲気を醸し出している)。

「長いドライブだったなー」と感想を言ったつもりが、

「原因は三つある、ひとつは幹線に出るまでの道が狭くてスピードが出せなかったこと、ふたつは、踏切につかまってしまったこと、、、などなど」

最初の二日でわかれて別行動をしていたインド人の同僚も毎日何度も電話をかけてきて、どうしてるからはじまって、ありがとうの一言で済む内容を延々としゃべり続ける。


まあとにかく長い1週間だった。




[PR]
by hirommk | 2017-05-06 00:52 | travel | Comments(0)

インド その2

移動ー車
移動はほとんど車。
幹線道路は舗装が驚くほどちゃんとしていて、乗り心地はいい。
民間が整備をして通行料を取って運営しているのだとか。

車種はほとんどMalti Suzuki, Toyota, それにHyundai, Tataも多い。
乗ったのはスズキとトヨタで、日本にはない車種。
それなりにきれいだけど、中はおしっこくさかったりシートベルトが壊れている。
シートベルトは前席のみ義務だから後ろの席のは壊れていることが多いらしい。

舗装はしっかりしているものの牛や、馬車、自転車、バイク、トラックなど速度が全然違うものが混在していて、絶えずパッシングとクラクションの嵐。逆走車もそこらじゅうにいるし、追い越しの時はまさにチキンレース。お互いにクラクションを鳴らしながら直前ですり抜ける。これで1週間翌事故に遭遇しなかったと思う。
インド人も自分では運転したくないとか言っているけど、乗っているだけで寿命が縮みそう。シートベルトないし。
クラクションならしすぎで何のためのクラクションかわからんよ、と思うけど、バックミラーついていないのも多いし、自分の場所を知らしめるためのような感じがする。ガンガンならされても、道のど真ん中をトロトロバイクが並んで走っていたりして、まあ何ともマイペース。
e0064400_23165421.jpg
e0064400_23160858.jpg


e0064400_23165953.jpg


e0064400_23164819.jpg


e0064400_23164353.jpg
なんでも手作りするバイタリティーにあふれている。

e0064400_23163608.jpg
牛や馬やヤギやサル、ラクダ、犬、豚、バッファローなど様々な動物もマイペースに道を歩いている。犬っぽいのはちょくちょくひかれていたな。
すんごく立派な体格のとか、ガリガリのとか、ヒトも素っ裸でしゃがんでいたりすると何やら動物と人の境界があいまいになってくる。

動物は一人で勝手に出歩いているのも多いが、道端の草とかゴミを食べて、夜は持ち主のところに勝手に帰ってくるそうだ。。
e0064400_23425519.jpg
e0064400_23431843.jpg

牛の尿は肥料、糞は燃料、神のような存在で食べてはいけない。

食べる肉はチキンかマトン。マクドナルドのメニューもパテはチキンしかない。

新しい家ができたら、牛をまず入れる。

しかし労働力、殺して皮を加工、肉は加工して輸出するというのだから、、、

e0064400_23163205.jpg

e0064400_23161448.jpg
行った地域はサトウキビが多く、ロードサイドにはサトウキビ絞り屋さんがたくさん。ちょっと試してみたい気もするけれど、勇気出なかった。


他にも米、ヒマワリなど、北部は巨大なダムから水路を引いているから絶えず緑があるのだそうだ。行ったときは40℃以上、冬は2℃くらいまで下がるのだとか。

e0064400_23162145.jpg

e0064400_23160485.jpg
e0064400_23424124.jpg
e0064400_23432834.jpg
ヒンズー教の神々や聖者のイラストや像は何とも派手。

携帯の待ち受けとかPCの背景にもやたら派手なイラストがあるから、聞くと「Saintだ」って。日本のビックリマンチョコイラスト風というか、萌えキャラ風という感じもしないでもないけど、彼は至ってまじめ。


e0064400_23425108.jpg
マンゴーもたくさん売ってて一個50円くらいらしいからちょっと食べてみたい気もしたけど、季節が始まったばかりでケミカルで熟させているからお勧めしないといわれた。ケミカルってエチレンかね。


e0064400_23424721.jpg
北部はパキスタンに近いせいか兵士や軍の設備などたくさん。


電車
朝7時半車ででて、15時ころ工場到着、2時間ミーティングして、1時間かけて駅に行って、4時間半かけて電車でニューデリー、タクシーで0時ころホテルに戻るという一日。しかも前日の夜は、夜中に非常ベルに起こされるし、、
ただ、この日は電車の時間が決まっていたのでミーティングのお尻も決まっていたが、通常は延々とミーティングをしているのかなんなのかよくわからない状態が夜まで続くという不思議な客先訪問。

この電車というのもいろいろ気を使ってブッキングしてくれたらしい。
すごくゆったりしていて、食事も出て全然揺れないし快適だ、と。
なんとなく新幹線のようなものが通っているのかと想像していたが、ルディアナ駅に着いたらこんな感じ。。。
e0064400_23543112.jpg

e0064400_23545772.jpg
そんな立派な電車が止まりそうもないのだけれど、、

予定の時間から5分くらい過ぎてやってきた電車がこちら。
e0064400_23545385.jpg
e0064400_23545092.jpg
まじか、、
想像してたのと相当違う。

内部。ものすごい長い列車でここは特等車両なんだろうけど、他の車両ではドアから人がはみ出ているのだろうか。
e0064400_23544752.jpg
椅子も窓も今にも壊れそうなんだけど、、
食事はちゃんと陶器の食器でスープから高級感あるのかも。。。

スープから30分くらいして出てきたのがこちら。
e0064400_23544336.jpg
まあやっぱカレーだな。
スープに比べるといきなり入れ物がちゃちいが。

トイレは恐ろしくて見る気にもなれないし、荷物も結構あるから身動き取れないまま4時間半。外を見れば線路の近くには人が寝てたり店のようなものがあったりまさにカオス。

ニューデリー駅も人がわんさとあふれている。そこらじゅうで人が寝ている。中央分離帯のようなところも。
e0064400_23544085.jpg
寝ている人もたくさんだけど、お店もたくさん開いているし12時近いにもかかわらずやたらたくさん人がうごめいている。
「いったいどういうこと??」と聞くと「夜2時でも4時でも変わらない。Indians
never sleep」とかインド人が言う。

e0064400_23543603.jpg






[PR]
by hirommk | 2017-05-06 00:16 | travel | Comments(0)

インド

初めてのインド

飛行機からの眺め。
ずっと砂埃がかってて地上近くまで来ないとほとんど見えない。
そういえば空気が汚染された地域の上位をインドが独占していたな、とちょっと嫌な気分になる。

e0064400_22040068.jpg
e0064400_22040492.jpg
e0064400_22040870.jpg
ただ、地上に降り立ったとき、中国のような刺激臭やのどの痛みはなかった。
ただ全体に絶えず空が黄色い。

何が原因かと思ったら、一つはレンガ工場がたくさんあって黒い煙を大量にはいている。成形して焼いてというのがすべて手作業。
そこらの家もこのレンガを積んで周りを土で塗っただけだからぽろぽろ崩れている。
地震があったら一発だ。
e0064400_22051982.jpg
土埃はもちろん、牛の糞を燃料に使っているのもあるだろう。
道沿いには大量の糞の山。

e0064400_22110045.jpg
夕方は煙が空に何層にも重なっているのが幻想的でもある。
e0064400_22105209.jpg

アライバルビザ(VoA)
さて、今回はアライバルビザで入国した。去年から日本人は使えるようになったとインターネットに出ていた。旅行会社からもビザ取得を勧められたものの、タイとインドの間が2週間程度で手続きができるか微妙、手数料も結構かかる。VoAで入れなかったケースがあるのか聞いたら、「デリーではこれまでない。」とのことだったのでVoAで行くことにした。
ただ、成田でチェックインするときも「ビザありますか?」「VoAで」「?写真ありますか?」「VoAで必要なんですか??」「ちょっとまってください。。。」とわかっていない様子でちと不安になる。
飛行機の中の案内でもVoAに関しては何もないし。
空港についてVoAの表示に従って一番奥まで行くと、やたらがらんとしたカウンターに日本人が4人くらい待ってた。
お金を払ってから、手続きカウンターで全部の指の指紋とったりがなかなかうまくいかずに時間かかっている。人はいるのにあいているカウンターは一つだし、しばらくすると何も言わずにどこか行っちゃうし、2人連れてきたから、よしよしカウンターが増えるかと思いきや、相変わらずカウンター一つを三人くらいが覗き込んであれこれやって、一人15分くらいかけているから、結局1時間くらい待たされた。
荷物はとっくに出ていて、ホテルのタクシーの人も独りぽつんと待っていて、「日本人はみんな出てきたのにどうしたんだ??」みたいな感じ。

両替
現金はあまり使う予定はなかったが、ゼロだと不安もあるるし、インドの空港で変えておけとガイドブックにあったので5千円を変えようとしたら「ミニマム1万円!」とか言われる。
手数料やら税金やらとられて1万円が5千ルピーになってしまった。

ホテル
ITC Maurya

オバマも泊まったニューデリーでは最高級ホテルなんだそうだ。

中は迷路のようで、ジムを探すのに苦労した。表示がほとんどない。地図もない。

何度も人に聞いていったり来たり。いったん庭に出て、リラクゼーションみたいな表示の地下に入っていくとジムがあった。筋トレマシンはたくさん。

e0064400_22042256.jpg
ロビー

e0064400_22041993.jpg
部屋から外を見るとでっかいアンテナのようなもの。

e0064400_22041654.jpg
プール。

e0064400_22041214.jpg

日本から到着したときは、まあ悪くないけど、普通のラグジュアリーホテルといった印象だったが、この後地方を回ってきた後に戻った時には天国のように感じた。

停電しないし、お湯も出るし、水もくさくない。食べ物も安全に見える。

日本から来たときは警戒して火の通ったものしか食べなかったが、地方から戻ったときは生っぽいものもたくさん食べた。


Country inn and suites
地方を回っているときに泊まっていたのはこちら。工場の近くにはまともなホテルがないからと、車で一時間くらい離れたところに毎日通っていた。
部屋はSuiteルームでやたら広い。
e0064400_22044493.jpg
ただ、ちょくちょく電気が落ちるのには困った。
最初は仕事をしているときバチンと。
PCはバッテリーだからそのまま真っ暗の中で仕事していたが、いつまで待っても回復しない。廊下を見ると電気がついている。
いろいろ試して、いったん外に出てドアを閉めて開錠しなおすと回復することが分かった。
朝何やら蒸し暑くて起きると電気がつかないこともあったし、ジムで走っているときにいきなりランニングマシンが落ちたこともあった。
これがエレベータの中だったらとか、シャワー浴びてるときだったらどうしようとどきどきした。

シャワーもバスタブも見た目は立派だが、蛇口が動かずお湯が出ない。出たら止まらない。いきなりシャワーヘッドが落ちてくる。水が手賀沼温泉のようなにおいがする。。

さらに参ったのが、夜中2時ごろいきなり部屋の非常ベルが鳴って起こされたことがあった。
特に何も起きていないようだけど、鳴り止まない。フロントに電話しても止まらない。大音量で耳がつぶれそう。。

ちなみのこのホテルに隣接してショッピングモールがある。

日本のショッピングモールそっくりで入っているのは多国籍企業ばかり。

ただ、モールの半分以上は空で、エスカレーターも半分動いて半分とまっている。


インド人の連れがせっかくだからと7D映画とかいうのを見せてくれた。3Dのメガネかけて椅子がガタガタ動いて、映像に合わせて水がびしゃっとかかる。やめてくれ、、
おそらく映像が3D+いすが3次元に動く+水=7Dてことかね。5Dてのもあったけど、、


ちなみにインドでは年間700本くらい映画が作られるらしく、行ったときの土曜に何年もかけた超大作が封切されると盛り上がっていた。


食事

今回行った工場は日本人がきたのは初めてだそうだ。

自分にだけペットボトルの水や甘いコーヒー、紅茶をたえず出してくれる。

お昼はマネージャーたちと工場の中で食事。保温ポットの中にカレー、ナン、ご飯、ヨーグルト、生かピクルスの玉ねぎなどが入っている。

e0064400_22050292.jpg

食事の時間は2時間ずつづれているような感じがする。朝は9時、昼は2時、夜は21時。

日本と3.5時間時差があるから、食事の時間のずれはかなり大きい。

食事は何がいい?と聞かれても選択肢は「Veg」か「non-Veg」の2択。


夜お客さんと飯を食いに行く。

狭い車内に7人がぎゅうぎゅうになって1時間以上。

幹線から外れたところは時速10キロも出せないようながたがた道。

繁華街のようなところのバーにいく。

この州では飲酒が禁止されていて、この店だけお酒をこっそり出しているのだそうだ。

そのせいで部屋の中は真っ暗。お酒のボトルも注いではちょくちょく隠している。

e0064400_22050743.jpg

そこまでして飲まなくていいのにな。KingFisherだし。

タンドリーチキンとピーナツ。

2人はベジタリアンで、飯は食えないし、お酒も飲まない。

その後一階下のちょっと普通のレストランへ。

デザートかと思いきや、カレーが出てくる。。


ビールが飲みたいと言ったらどこからか手に入れてホテルに届けてくれたけど、KingFisherは飲むとちょっと頭が痛くなるから結局ほとんど手を付けられず。

日本からウィスキー持参してよかった。

禁酒の地域でもちょくちょく道路わきにLiqureとかかれた屋台に高級そうなお酒が売っているけど、高いんだろうな。中身もちょっと怖いし。

e0064400_22045372.jpg


カレーはほとんど辛くなくて、結構おいしい。

3食ずっとカレーだけど、まあ大丈夫。

ちょっと気に入ったのはDosa。お米の粉のパリッとしたクレープのようなものの中にカレーが入っている。

北部より南部の食べ物らしいけど、おやつ感覚でちょくちょくたべた。

向かいに座っている人が食べているパンが、北部では一般的らしい。

バターを塗って食べているけど、、ちょっとさびしいよな。

e0064400_22052607.jpg
e0064400_23071786.jpg
とにかく食事には気を付けて、なるべく火を通したものだけ、ボトルウォーターだけ飲んていて、インドにいる間は特におなかを壊すことはなかったが、日本に帰ってきてからずっと下痢が続いている。もうほぼ一週間水状態。。
お酒もほとんど飲む機会なかったし、食事の量も少なかったから相当体重も減ったんではないかと期待していたが、ほぼ変わらず。
ただ、下痢が続いているおかげで今はちょっと体重減ったかも。。。


[PR]
by hirommk | 2017-05-05 23:13 | travel | Comments(0)

モテギで遊ぶ

キャンプの前にモテギのモビパークで遊ぶ。
e0064400_15432333.jpg
モトレーサーというのができていた。
やたらちっこいバイクで、小さい子用かと思ったら、大人も乗れる。
しかしさすがに膝が邪魔だし、重さでスピードが出ない。
コウイチは結構せめて、A級合格していた。
モビパーク内もガラガラでパスを買って乗りまくっていたものの、サポーター付けたりの準備の時間が結構かかるから、パスの元を取るのは意外に大変。
e0064400_15432870.jpg
ナナミは何をやるにも怖がってほとんどやらなかったが、室内カートと立体迷路は何とか説得してやった。
e0064400_15433364.jpg
e0064400_15433709.jpg
カートも最初は全然ハンドルもブレーキもダメですぐに足を出そうとしたりと、こりゃダメかと思ったが、しばらくしたら乗りこなせていた。

e0064400_15434243.jpg

立体迷路もできたばかり。
意外に難しい。
最初は怖がっていたナナミも、明日もやりたいと。雨でできなかったけど。
e0064400_15445762.jpg


e0064400_15445227.jpg

e0064400_15435014.jpg

e0064400_15434674.jpg
最後はママとコウイチがジップライン
これも待ち時間なしだけど、準備が大変。
e0064400_15435553.jpg

e0064400_15435950.jpg

e0064400_15421570.jpg


[PR]
by hirommk | 2017-04-09 15:57 | travel | Comments(0)

グランピング at Motegi

コウイチの部活もあってなかなか家族で出かけられなかったが、もてぎに新しくグランピングができたとのことで行ってきた。
予報は二日とも雨でどうしようかと思ったが、1日目は小雨程度で思う存分遊べた。
2日目は土砂降り&雪で、あきらめて早く帰ってきた。

グランピングサイトは、森の中にあるかと思ったら駐車場の一部という感じなのはいまいち。
まあ暗くなれば気にならないけど。
テントも食材も火おこしまでやっておいてくれるので、ぎりぎりまでほかのところで遊んで、バーベキューでご飯を食べて、お風呂と朝食はホテルという楽々ぶり。
e0064400_15285392.jpg
テントの中。
e0064400_15284266.jpg
ベッド二つとソファー、テーブル、ホットカーペットにストーブ、冷蔵庫もついている。
ただ、夜中雨が強くなって、かなりうるさくていまいち寝れんかった。
e0064400_15284979.jpg
食材は肉がすごい!
4cmくらいありそうなステーキ、ポークリブ、ソーセージ、野菜、でっかいマシュマロなどで食べきれないほど。
e0064400_15284697.jpg
調理器具もそろっていたが、包丁がまな板の裏についていたのはかたつけるときまで気づかず。
コップがなかったから、持っていくべきだったな。

あとかたつけは自分たちでするコース。
ゴミを袋に入れて朝まで置いておいたら、カラスに食い散らかされていた。。。

天気が良くてもう少しあったかければ花火とかキャンプファイヤーとか星空観察もできて最高なんだろうけど。ちょっと寒くて雨がうるさかったな。



[PR]
by hirommk | 2017-04-09 15:40 | travel | Comments(0)

空から

最近通路側が取れなくて窓側席ばかりだけど、外を眺めるのも楽しい。

やたらきれいな島があるなと思って航路を調べたら、やっぱり石垣島。
ずっと飛行機に乗っててもなかなかこんなきれいな島はない。
e0064400_14322082.jpg

香港の沖合にもきれいなのがあったけど、ここは人が住めなさそう。
Google earthで見ると空港らしきものがあるから、軍事拠点かな。
名前は出てこない。
e0064400_14334576.jpg


e0064400_14334198.jpg


e0064400_14333722.jpg


e0064400_14323475.jpg


e0064400_14334789.jpg




[PR]
by hirommk | 2017-04-09 14:40 | travel | Comments(0)

バンコク散歩

バンコクの街の中は新しいビルもどんどんできてきれいになったところも、一本裏に行くとジャングルのような雑然とした雰囲気。
公園は開門時間が決まっていて、たくさんの人が絶えず掃除をしていて非常にきれい。一歩出るとジャングル。
e0064400_14181824.jpg
公園内
e0064400_14181530.jpg
公園から一歩出たところ。

植物たちもよく見るとバナナ、パパイヤ、よくわからない実のついたものが多い。利用するために植えたのかなと思うけど、管理されているようにも見えない。
e0064400_14180935.jpg


e0064400_14180638.jpg


e0064400_14175990.jpg


e0064400_14174520.jpg
ずいぶん立派な実がなってるけど放置されている。

e0064400_14174821.jpg
細いマンゴーのような形と思ったら中から綿みたいのが噴出している。
e0064400_14174169.jpg
丸いのが雌花でにょろっと垂れているのが雄花かな。

e0064400_14175556.jpg


e0064400_14175258.jpg


e0064400_14332203.jpg
こいのぼりだ。


e0064400_14182114.jpg


e0064400_14173848.jpg
少し前にルンピニ公園でオオトカゲが増えすぎて駆除したとかニュースになっていたような。
e0064400_14173404.jpg
ミドリガメだった。


タイはここのところ毎月のように来ていて、気が緩んでいたのか、最終日の前に夕食のあとホテルに帰ったら財布がない!!
レストランでお金払ってホテルに戻るまでの間だけなのに。誰かに接触されるような瞬間もなかったけどな。

しかも財布には鎖につけていているのに、その時は短パンだからズボンにはつけられず、ボディーバックに放り込んでいた。
ボディーバックを見直してみると、チャックが下に来るようになっていたから、もしチャックが開いていたとしたら落ちたとしてもおかしくない。

海外に行くときは念のために、最小限のお金とクレジットも自分の1枚と会社のを一枚だけ。
この時も余計なものはいれていなかったが、いつもよりお金をたくさん入れていたのが痛い。
あとは、レシートが何枚かとホテルの朝食券。

ともかくクレジットはまずいと、とりあえずレストランまで戻って途中にも落ちていないことを確認したら、クレジットを止めて再発行依頼。不正利用はなかったようだ。
悔しいけど、お金はどうにも無理だよな。。。
お金の問題だけならあきらめれば済むことだし。
iPhoneとかパスポートだったらシャレにならんかった。
別の財布に小銭とタイの地下鉄カードは入っていたので、帰国するのも問題ない。
ただ、最終日はちょっぴり豪勢な食事でもと思っていたのがあきらめて、おなかをすかせて帰国することになった。

やっぱりひと手間かけても大事なものはどこかにくっつけとかんといかんな。

[PR]
by hirommk | 2017-04-09 14:29 | travel | Comments(0)