食事

外国人が日本に来たときの食事はいろいろ大変。
牛、豚とか、生はだめとかぐらいなら何とかなるけど、味の好みまで入ってくると、、
特にインド人は主張もはっきりしてて人に合わせようという気がない、、

和食ならベジタリアンにも対応できるかといったけど、はしも使えなくてフォークでそば食ってるし、、
なんにでもとりあえず七味を山盛りにして食べている。
e0064400_10284662.jpg
乳製品と鳥ならOKというから、イタリアンに行って牛と豚の入っていないものを頼もうとすると意外にない。。ランチ時であまり対応してくれないから、原材料リストをもらって選ぶことに。
そしたらフレンチフライだけでいいとか言い出すし。
一週間いろんな系統の店に連れて行って、毎回いろいろ大変だったが、インド料理屋に行ったときは生き生きしていろいろ頼みまくって食べまくっていた。
海外に行くとなるべくその国の料理を食べてみたいと思う人が多い中でインド人はちょっとちがうな。

[PR]
# by hirommk | 2017-09-23 10:43 | a la carte | Comments(0)

ホテイアオイ

増殖しまくっていたホテイアオイが夏の間毎日花を咲かせていた。
e0064400_10280118.jpg

[PR]
# by hirommk | 2017-09-23 10:28 | photo | Comments(0)

初めてのお泊り

サイエンス教室の一泊旅行。ナナミにとっては初めての一人お泊り。
e0064400_10174534.jpg
東京駅近くの駐車場出発で、携帯で調べると車の方が楽そうだったが、やっぱり東京駅近くを車でうろうろするのは大変で、しかも駐車場が一般車は入れず近くの駐車場を探しているうちに時間になってしまうしたいへんだった。
それで帰りは電車で帰ったけど、雨降ってるし駅遠いし、大きな荷物持った女の子2人連れて満員電車で帰るのもそれはそれで大変、、、
e0064400_10173731.jpg
拾ってきた石の整理
e0064400_10174284.jpg

[PR]
# by hirommk | 2017-09-23 10:25 | family | Comments(0)

Kandu-手賀沼花火

妻の出張中、朝一番にKandu、ぎりぎりまで遊んで急いで帰って、ななは走ってスイミングスクール、戻ったら電車で我孫子に行って手賀沼花火と朝から晩まで大忙しの一日だった。

Kanduはやや小さい子向けで、コウイチの大きさはだいぶ目立つ。。
コウイチも最初はいやいや付き合ってる感じの雰囲気を醸していたが、そのうち一人でさっさとあちこち予約して参加していた。
どれも15分程度のプログラムで、一つ予約すると30分くらいは他の予約ができなくなる感じ。
アイス屋さんとか食べ物系が早く一杯になってた感じ。
それぞれコスプレとちょっとしたプレゼントがあるのが売りかな。
e0064400_10024445.jpg
ななは前は客室乗務員になりたいといっていたのに、なぜかパイロット。
e0064400_10024137.jpg
新聞記者
e0064400_10023826.jpg
救急救命士。これだけ少し本格的な感じ
これは基本英語だけのはずだけど、通じないから日本語になっていた。。
e0064400_10023535.jpg
ボールペンづくり
e0064400_10023223.jpg

サイエンス
e0064400_10023087.jpg
たこやき
e0064400_10022772.jpg
我孫子から歩いて手賀沼花火
公園の方は入場規制がかかっているとかで、普通の道路に新聞敷いて見た。
目の前に気があるのが残念だけど、結果的には3カ所ある点火台のちょうど真ん中あたりで、迫力満点。水上花火はよく見えないけどまあまあよかった。
e0064400_10081074.jpg
e0064400_10081330.jpg
後ろが高台で音が反響するのが面白いらしく、コウイチも珍しく興奮していた。
ナナミは帰りの電車の混雑が心配になったようで、終わり近くなるとそわそわして帰ろうと言い出して、帰るときは後ろでガンガン上がっているのも振り返りもせずにちゃっちゃと帰っていた。
e0064400_10081768.jpg

[PR]
# by hirommk | 2017-09-23 10:15 | family | Comments(0)

タイ

今年4度目?位のタイ。

今回はRadisson Bluに泊まり。以前泊まっていたColumnは満室、他のは高い、ってことで少し駅から遠いけど仕方ない。
空港とホテルの間をいつも電車で行っていたけど、google mapで時間を調べたらタクシーが早かったのでタクシーにしてみた。帰りは朝5時発だったし。
空港からのたくー乗り場は、整理券発券機ができていて、整理券から出てきた番号のところの車に行くように変わっていた。
ホテルまでメーターで300Bくらい。500B払うとお釣りをくれない。。
まあ高速代とチップとして妥当なところだけど。
ホテルでタクシーを予約すると700B。ホテルの車だとその倍。
e0064400_23542391.jpg
部屋からの眺め。真ん中の高いのがColumn。上の階はからっぽだな。ということは前回泊まったのは実質最上階だったんだ。

Radissonはカンパニーレートになって、部屋もBusiness Classとかにグレードアップしてくれた。
できて4年くらいしかたってなくて全体に新しい。ジムも結構広め。毎日女性のアスリートのような人が長時間トレーニングしてた。会員制のジムになってるみたい。
朝食が充実していてついついたくさん食べてしまう。
クリーニングが毎日2つまでタダ、というのがありがたい。
部屋に袋に入れておいておくと夕方にはロッカーにクリーニングされて戻っている。
部屋のクリーニングが一日一回じゃなくてちょくちょく入ってきているようなのはあまりうれしくないけど。クリーニングのやつも次にひだそうと思っていたやつが夜ご飯に出かけているうちになくなってるし。

今回はやたら事故現場に出くわした。
e0064400_00095704.jpg
e0064400_00082838.jpg
大型トラックが近いところで2台別々に単独事故。
自分たちが通る数分前に起きたらしく、事故処理の間40分くらい全く動けなくなってしまった。
帰り空港に行くときもバイクが事故っていた。

e0064400_00084254.jpg
外の食堂で食事をしていたら、なんかもふっと感じて下を見たら犬がいてびっくり。
何とも哀れな感じ。

e0064400_00090857.jpg
地方の線路。
e0064400_00092109.jpg
すごい表情のマネキン

e0064400_00092579.jpg
レストランのお手洗い。
SiLomの近くのEat meとかいうところ。アジアでトップにランキングされているらしい。
クラフトビールもあるし、チキンが柔らかくてうまかった。

e0064400_00093651.jpg
しかしお気に入りといえば、いつものPak Bekery。今回も独りの時はほとんどここに通っていた。チキンのKao Soiはやっぱりおいしい。
しかし、今回メニューを指差さずにカオソイ、って言ったら白いご飯が出てきた。
白いご飯のことをKao Suayというらしい。Suayはきれいなとかいうことで白いご飯。

今回できた新たなお気に入りが、Morning gloryのてんぷらスパイシー炒め?酸っぱさと辛さとサクッとした唐揚げの食感ときくらげの食感ととにかくうまい。

e0064400_00093048.jpg
ショッピングモールの中は8割がた日本系?のレストラン。日本語があふれている。タイのレストランを探す方が難しい。
Asok付近は韓国系も増えた感じがする。今回泊まったRadissonのとなりはステージのある韓国料理屋になっていた。


[PR]
# by hirommk | 2017-07-30 00:28 | travel | Comments(0)

ロンボク-2

少しヒンズー寺院めぐりのイベントもあった。
e0064400_23365489.jpg
e0064400_23365879.jpg
あまり人気がなくて、隣にはイスラムのモスク。今はほとんどイスラム教徒ばかりなのかな。
車に乗っている間に、イスラム教のお葬式に2回であった。お墓の中にたくさんの黒い人が座り込んでいた。

e0064400_23370116.jpg
子供たちはサッカー?
e0064400_23370463.jpg
e0064400_23371305.jpg
e0064400_23371681.jpg
同僚
e0064400_23370746.jpg
夕方は結構渋滞になる。インド人たちがマイペースでランチを予定より1時間オーバー、買い物に1時間とかしているうちに、夕日を見に行くはずが真っ暗。
e0064400_23372234.jpg
夜になるとバイクに小さな遊園地の乗り物をつけたようなのがイルミネーションつけてやってきたりする。

帰りのジャカルタの空港での乗り換え。ロンボクと1時間の時差。やたらでかい空港だけど、レストランはあまりない。21時くらいについて24時ころ発
おなかすいていたけど、変な甘いチキンフレークの乗ったトーストとコーヒーだけ食べた。
e0064400_23373932.jpg
ナイトフライトで帰って、午後から会社で会議が2つ入っていたので、とにかく休もうとアイマスクにイヤフォン、フードをかぶって外部からの刺激をなるべく遮断していたら、一睡もできなかったものの、いつものようにヘロヘロということもなく帰ってから仕事ができた。
しかしガルーダはアイマスクまでしているのに、ドリンクを配るときにわざわざ膝をポンポンして起こすのはやめてほしいな。日系なら起こさないようにしてメッセージカードだけ残していくのに。




[PR]
# by hirommk | 2017-07-29 23:53 | travel | Comments(0)

ロンボク

なんだか最近時間感覚がよくわからなくなってるけど、まだ今月のことだった。
急に来いと言われて、オフィスだったらやだなと思ったら、行ったことのない島だったので行ってみることに。
バリの隣の島で、行はバリ経由、帰りはジャカルタ経由。

バリで国内線に乗り換え。アライバルビザを買おうとしたら、観光か?いらんいらんと入国審査の列に並べと言われる。アライバルビザの窓口も一つしか開いてないし、だれも買ってない。まあバリで降りたら観光ってことだな。
国内線はチェックインカウンターのアルファベットがいつまでも出てこなくておかしいなあと思っていたら、直接搭乗口に行くらしい。
飛行機がやたら小さくて、荷物の預け入れとかなくて、搭乗口から階段で降りて自分で荷物を全部持って飛行機まで行って、乗り込むときに大きな荷物は階段の横に置いていくとあとで詰め込んでくれるらしい。
新し走だけととにかくちっこい飛行機、中で移動するときは頭をかがめて移動する感じ。
わずか1時間弱のフライトだけど、乗ってから急におなかが痛くなって大ピンチ。
乗ってから全然飛ばないし、通路も狭いからトイレにいけない、、
つくまで気が気じゃなかった。
ロンボクの空港のトイレがが床がびしゃびしゃで紙もないしひどかったけど何とか間に合った、、
e0064400_23040195.jpg
バリに比べると直行便がなくて行きにくいこともあって日本人はあまり見かけなかったけど、タクシーの運ちゃんは日本語でしゃべってきた。

e0064400_23143328.jpg
空港はちっこい。

ホテルはSheraton Sengigi
空港から1時間くらい。いかにもリゾートって感じで、部屋の外は庭になっててそのまま出られる。
インドネシアだから暑いと思ったけど、日向以外は結構さわやか。湿度も低いし木陰にいればすごく快適。部屋の中はエアコンが16度とかおかしな設定になってたけど、エアコンずっと消していても問題ない。
やや古い作りで、隣の部屋の音が聞こえてきたり、部屋のミニバーがなかったりというのはあるけど、まあ快適。ジムは少々狭い。ワイファイが数日つながりにくくなったのが一番のマイナスかな。
e0064400_23041179.jpg
e0064400_23135494.jpg
朝食は優雅な感じがする。

プール。でかいモアイみたいのがなんとも。
e0064400_23140042.jpg
夜はさらに奇抜になる。
e0064400_23151278.jpg
口の中は滑り台。
e0064400_23150189.jpg
e0064400_23150407.jpg
e0064400_23135777.jpg
流木にぷにょんとしたガラスの器がかかっている花瓶があちこちにあってなかなかいい。
e0064400_23280735.jpg
これもいいな、と思ったら花は造花だった。。ちょっと残念。
e0064400_23140839.jpg
e0064400_23313290.jpg
e0064400_23312849.jpg
e0064400_23323776.jpg
e0064400_23323490.jpg
水がすごくきれい。
ビーチを散歩していると、ギギ島に行かないか?フィッシング、シュノーケンリング!とおじさんが誘ってくる。シュノーケンリングしたいはなあ。ここまで来て海に入れないとは。。。
ここに来れたのはうれしいけど、ほぼ窓のない寒いミーティングルームにこもっているってのも、ちょっとした拷問だよな。


[PR]
# by hirommk | 2017-07-29 23:35 | travel | Comments(0)