Raleigh

アメリカのたびも半分終わって次の街にやってきた。
アイオワでは毎日見渡す限りトウモロコシ畑の中のまっすぐな道を3-4時間かけて工場めぐり。
ほとんど白人しかいないところで黒人2人とアジア人2人の珍道中?
アーミーやってて日本に来たという人が太鼓のビデオ見せたり、日本語の挨拶を思い出してはいいに来たり。
アイオワでのタクシーはとてもぼろい車に怪しげな運ちゃんが多い。
帰りはヒッピーみたいな人が、いきなり窓を直すのを手伝ってくれ、といって手伝ったけど直らなくて、走ってる途中「今日は、いい天気だろう?機械も自然の空気がほしいんだ。」とかいったり、70’sがすきなんだ、とかいって音楽をがんがんかけたり、怪しいけどなかなか楽しい。
クレジットの国なのにクレジットが使えないタクシーが多いのが結構困るけど。
スーパーでは液晶画面にサインをもとめられたけどかきにくいな。
ホテルでタクシーを頼んでも何度も念を押しをしたのに午後と午前を間違えたり、別の人になったら申し送りがなかったとか、、、、

今度のホテルのあるところも前のところに負けずに何もない。
前のところは一応歩いていけるところにレストランと雑貨店があっただけましか。
今度のところは8車線の歩道なしの道をひたすら歩いてようやくファミレス群のようなものを見つけた。
ホテルのレストランも朝しかやってないし、むー、一人の週末をどう過ごすかなあ。

車さえあればなんとなく日本と違いない感覚で生きられそうなところではある。
なんとなく建物も安っぽいし、写真を撮りに外に出てもとにかく何もない。
旅行に出かけるならやっぱり歴史のあるところのほうが面白い。
[PR]
by hirommk | 2009-06-28 10:36 | travel | Comments(0)