Iowa

乗り換え含めて17時間ほどかけてアイオワにやってきた。
歯が3本くらいしかなくて、スキンヘッドでばかでかい運ちゃん。見た目は怖いけど陽気でよくわからないなまりでしゃべくる。いつまでもホテルにつかなくて、ほんとに大丈夫か、と少々不安になったが、無事ついた。
強烈な日差しに、夜9時を過ぎても昼のような明るさでいったい今何時なのかわけがわからなくなった。

ホテルは以前シカゴで泊まったのと同じくらい豪華だが1/3くらいの値段で、プールやジムもある。特にハーマンミラーのいすに巨大なデスクがあってとても快適にデスクワークができるのがありがたい。
近くはトウモロコシ畑で歩いていけるところには何もなさそう。大学があるがこれまた広すぎて移動の手段がないとどうにもなりそうもない。まあこのホテルの部屋ならしばらくこもっていてもいいかなと思える。
毎日早朝からあちこちの工場訪問が予定されているのでこもっている暇もないが。

飛行機の中でほとんど寝ないで時差ぼけを克服できたかと思ったが、やっぱり変な時間にとてつもなく眠くなったり、それでいて夜寝てもすぐ目が覚めたりと、そう簡単ではない。
[PR]
by hirommk | 2009-06-23 18:17 | travel | Comments(0)